Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ』ポストクレジットシーン、決定的瞬間も撮影されていた ― 大幅カットの理由とは

アントマン&ワスプ
(c) MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

映画『アントマン&ワスプ』(2018)のポストクレジットシーンが、ある理由から大幅にカットされていたことがわかった。ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーが明かしている。

注意

この記事には、映画『アントマン&ワスプ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

アントマン&ワスプ
MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

『アントマン&ワスプ』なぜ問題の瞬間は削除されたのか

『アントマン&ワスプ』はMCUの第20作にして、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)と、2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)を繋ぐ重要な一本である。
そのポストクレジットシーンでは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でサノスが6つのインフィニティ・ストーンを手中に収め、指を鳴らして生命を半減させたことの“波及効果”が描かれた。スコット・ラング/アントマンが量子の世界に飛び込んだ直後、ホープやハンク・ピム博士、そしてジャネット・ヴァン・ダインは塵と消えてしまうのである(ポストクレジットシーンの詳細や解説はこちらの記事に詳しい)。

映画本編において、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とは異なり、ホープやハンク、ジャネットが消滅する瞬間は直接描かていない。量子世界からのスコットの呼びかけにホープらが応答しなくなったあと、実験が行われていたビルの屋上から3人が消えてしまったことが示され、そこには塵が舞っているのみだったのである。

しかし米Screen Rantや米CBR.comに対してエヴァンジェリン・リリーが語ったところによると、このシーンの撮影現場では“消滅の瞬間”もきちんと撮られていたという。

「“指パッチン”で起きること、私たちが消えていくところも撮影しました。ただ、最終的に削除されてしまいましたね。[中略]彼(ペイトン・リード監督)は塵が舞っているところと、誰もいない場所だけを見せて、私たちが塵になっていくことに反応する様子はカットしたんです。」

ところがエヴァンジェリンは、消滅する様子を見せないという判断に「すごく感謝しています」と述べているどころか、カットされたことで「よりドラマティックで、すごく良いシーンになった」とすら話しているのだ。

「(撮影当時)私たちは、どういうことが起きるのかを正確に把握してませんでした。まだ『インフィニティ・ウォー』を観ていなかったし、撮影にも参加していなかったので。どんなふうに見えるのかも知らなかったんですよ! だから撮影するには難しい立ち位置だったというか……もちろん基本的なことはわかってましたよ、サノスが指を鳴らすと人々が消えるんだって。でも、トム・ホランド(スパイダーマン役)が泣きながらアイアンマンに“お願い、行きたくない”ってすがりつくのは見ていませんでしたから。(消滅によって生まれる)人物の感情やドラマ、不安、それから塵になっていくのは痛いのかもしれないとか、そういうことはわからなかったですよね。ペイトン(監督)も、どう見えるはずなのか、どうあるべきかをきちんと理解してはいなかったと思います。」

ちなみにエヴァンジェリンは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でヒーローたちが消えていく様子を目の当たりにして、カットされた“自身の消滅シーン”をこのように振り返ってもいる。

「『インフィニティ・ウォー』を観たあと、ひどい消え方だったな、ほんとにまずい演技だったなと思いましたね。[中略]説得力のある演技ではなかったと思いますよ。苦しみながらの最後というよりも、まるで天に召されるような感じで演じていたので。」

映画『アントマン&ワスプ』MovieNEXは2019年1月9日(水)発売。2018年12月19日(水)に先行デジタル配信がスタートする。

Sources: SR, CBR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly