Menu
(0)

Search

ディズニー実写版『美女と野獣』メイキングが到着!エマ・ワトソンら豪華キャスト&最新技術で名作が甦る

1991年に製作されたアニメ映画『美女と野獣』がついに実写映画として甦る。ディズニーにとっては2015年の『シンデレラ』、そして現在公開中の『ジャングル・ブック』に次ぐ名作アニメの実写化作品だ。

このたびComicbook.comが実写版『美女と野獣』のメイキング映像を公開した。ベル役のエマ・ワトソンと野獣(ビースト)役のダン・スティーヴンスが本読みに参加する様子などが収められている。

最新技術とオリジナル楽曲の融合

『ジャングル・ブック』で少年以外すべてCGという衝撃の映像世界を実現したディズニーは、『美女と野獣』でも最新の技術をふんだんに取り入れているようだ。監督を務めるビル・コンドン(『ドリームガールズ』『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』)は、今回のプロジェクトを知った感想をこう語っている。

「ディズニーが『美女と野獣』を実写化しようとしていると聞いた時には興奮したね。アニメのアイデアにテクノロジーが追いついた、まさに完璧なタイミングだと思ったんだ」

なお今回の実写版は1991年のアニメ『美女と野獣』をベースとしているため、本来オリジナル版のために書き下ろされた名曲も再び使用される。またオリジナル版の音楽・歌曲を手がけたアラン・メンケンが新たにスコアを製作するほか、オリジナル楽曲の一部は再レコーディングされる予定だ。『ライオン・キング』のティム・ライスを迎えての新曲も追加されるという。

すでに今年5月には特報映像も公開されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

ディズニーならではの豪華キャスト

実写版『美女と野獣』には、ベル役のエマ・ワトソン野獣(ビースト)役のダン・スティーヴンスをはじめとした豪華俳優陣が一堂に顔を揃えている。内面は凶暴な街の英雄・ガストン役に『ホビット』や『ハイ・ライズ』のルーク・エヴァンズ。ベルの父モーリス役に名優ケヴィン・クライン。ガストンの手下ル・フウ役には『アナと雪の女王』でオラフを演じたジョシュ・ギャッドがキャスティングされている。

また声優としての出演シーンが多いメンバーとして、ロウソク姿の給仕ルミエール役でユアン・マクレガー、新キャラであるチェンバロ姿の音楽家カデンツァ役でスタンリー・トゥッチ。さらに時計姿の執事コグスワース役をイアン・マッケラン、ティーポット姿のミセス・ポッツ役をエマ・トンプソンが演じる。

ちなみにフェザー・ダスター役は新鋭ググ・バサ=ロー。 ©2011 Disney. All Rights Reserved. http://www.slashfilm.com/lumiere-and-cogsworth/
ちなみにフェザー・ダスター役は新鋭ググ・バサ=ロー。
©2011 Disney. All Rights Reserved.
http://www.slashfilm.com/lumiere-and-cogsworth/

実写版『美女と野獣』は2017年3月17日全米公開予定。気づけば公開まで約半年ということで、そろそろ日本語吹替版キャストも気になるところだ。

source: http://comicbook.com/2016/09/01/beauty-and-the-beast-live-action-sneak-peek/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly