Menu
(0)

Search

『ラ・ラ・ランド』監督&ブラッド・ピット出演作、『ファンタビ』ティナ役&レッチリのフリーら新キャストが発表

キャサリン・ウォーターストン katherine waterston フリー Flea サマラ・ウィーヴィング Samara Weaving
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Katherine_Waterston_(28612937635)_(cropped).jpg |Photo by Stefan Brending https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2016_RiP_Red_Hot_Chili_Peppers_-_Michael_Flea_Balzary_-_by_2eight_-_DSC0259.jpg |Photo by Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Samara_Weaving_2015_(cropped).jpg|Remixed by THE RIVER

『セッション』(2014)『ラ・ラ・ランド』(2017)のデイミアン・チャゼル監督による最新作『バビロン(原題:Babylon)』に、『ファンタスティックビースト』シリーズのティナ役で知られるキャサリン・ウォーターストンや、『ガンズ・アキンボ』(2019)『レディ・オア・ノット』(2019)などのサマラ・ウィーヴィングら、新キャストが一挙に発表された。米Deadlineなどが報じている。

『バビロン』は、1920年代、サイレント映画からトーキー映画へ移り変わる頃のハリウッドを舞台とする、史実とフィクションを織り交ぜたR指定のオリジナル作品。ブラッド・ピットマーゴット・ロビーが、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)ぶりの再タッグを飾り、製作費には推定8,000万ドルから1億ドルが投じられる見込みであるなど、大きな注目が集められている。

ウォーターストンとウィーヴィングのほか、新キャストとして、『ロスト・マネー 偽りの報酬』(2018)のルーカス・ハース、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)「ザ・ボーイズ」(2019-)のP・J・バーン、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)のマックス・ミンゲラ、『ダークナイト』(2008)エリック・ロバーツ、「ブラックライトニング」(2018-2021)デイモン・ガプトンの出演が発表された。さらに、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストとして知られるフリーと、コメディアンのローリー・スコーヴェルも参加する。

プロデューサーにはチャゼルの妻オリビア・ハミルトン、『フィフス・ウェイブ』(2016)マシュー・プルーフ、『ラ・ラ・ランド』のマーク・プラット、俳優トビー・マグワイアら、錚々たる顔ぶれが揃っている。配給は米パラマウント・ピクチャーズが担当。2022年12月25日に米映画館での限定上映が行われ、その後2023年1月6日より上映規模が拡大されていくという。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly