クリスチャン・ベール、映画『ハン・ソロ』出演交渉も実現せず!次の機会を熱望「僕はスター・ウォーズの大ファン」

映画『ダークナイト』3部作(2005-2012)、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)など数々の作品に出演するクリスチャン・ベールが、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』への出演交渉に応じていたことがわかった。残念ながら実現には至らなかったことを、ベール本人が明かした。

『スター・ウォーズ』今後の出演を熱望

米MTVのポッドキャスト“Happy Sad Confused”に登場したベールは、『ハン・ソロ』の出演オファーがあったことをはっきりと認めている。

「(出演の話は)すごく魅力的でしたよ。子供のころ、(『スター・ウォーズ』の)映画が大好きでしたし、それにキャスリーン・ケネディ(ルーカスフィルム社長)やフランク・マーシャル(ケネディ氏の夫)とは、すごく長い関係ですしね。昔、『太陽の帝国』(1987)を作った二人ですから。(出演の)話し合いをしましたね。今後の機会があることを願っていますよ。

『太陽の帝国』とは、当時13歳だったベールが主演を務めたスティーヴン・スピルバーグの監督作品。ケネディ氏とマーシャル氏は、スピルバーグとともに同作のプロデューサーを務めていたのだ。しかし残念ながら、『ハン・ソロ』にベールの出演は叶わなかったようだ。また、出演が実現しなかった理由をベールは明らかにしていない。

では、もしもベールが『ハン・ソロ』に出演していたら、彼はどんな役柄を演じたのか……。
実は2017年1月、米Hollywood Reporter誌の記者であるボリス・キット氏が、ウディ・ハレルソン演じるハン・ソロの“導き手”ベケット役の候補者としてベールの名前が挙がっていたことを伝えていた。

 

なお同ポッドキャストにて、ベールは『スター・ウォーズ』シリーズへの思いや、愛娘とのエピソードを語っている。

僕は『スター・ウォーズ』の大ファンなんですよ。とっても魅力的ですよね。ミレニアム・ファルコンは今でも好きですし、AT-ATもね。それに、僕の娘の初恋はダース・ベイダーだったんです。ダース・モールにも憧れていましたね。娘がディズニーランドで(ダース・ベイダーの)そばに立ったら、彼が唸って、キャラクターになりきってくれて。素晴らしいパフォーマンスでしたよ。娘は小さかったので、“これは怖いだろうな、まずいなあ”と思ってたら、“お父さん、私、好きになっちゃった”って言うんです(笑)。」

果たして今後、『スター・ウォーズ』にベールが登場する日は来るのだろうか。もっとも、『エピソード9(仮題)』へのカメオ出演やライアン・ジョンソン監督による新しい3部作など、その機会はたくさんあるだろう。ぜひともルーカスフィルムには、『ハン・ソロ』だけでなく何度もオファーを出しつづけてほしい……!

Sources: https://itunes.apple.com/us/podcast/happy-sad-confused/id827905050?mt=2
http://collider.com/christian-bale-han-solo-movie-star-wars/
Eyecatch Image: Photo by Asim Bharwani ( https://www.flickr.com/photos/modenadude/3655997137/ ) / Remixed by THE RIVER

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。