Menu
(0)

Search

バービー人形の映画化企画、マーゴット・ロビーが出演交渉中 ― 『ワンダーウーマン』監督が就任か

バービー マーゴット・ロビー
[左]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28568550636/ [右]CC0 Creative Commons Remixed by THE RIVER

米国の玩具メーカー、マテルが販売する日本でも人気の着せ替え人形「バービー」の映画化企画に、『スーサイド・スクワッド』(2016)や『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)のマーゴット・ロビーが出演交渉中であることがわかった。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

バービー マーゴット・ロビー
[左]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28568550636/ [右]CC0 Creative Commons Remixed by THE RIVER

1959年に発売されたバービーの映画化企画は、これまでマテル社とソニー・ピクチャーズが長らく企画を進行してきた。主演女優には『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(2015)のエイミー・シューマーやアン・ハサウェイの名前が浮上していたが、2018年に入ってから権利がマテル社に戻り、このたびワーナー・ブラザースとのタッグによって企画が再始動しているという。

報道によると、ロビーは映画版『バービー(邦題未定、原題:Barbie)』の主演女優およびプロデューサーとして契約交渉に入っているという。無事に契約が締結された場合、ロビーの有する制作会社LuckyChap Entertainmentが製作に携わることとなり、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役に始まったワーナーとのパートナー関係がさらに広がることになる。今後、ロビーはハーレイ・クインを主人公とする映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds of Prey)』をはじめ、ワーナーが製作するDCコミックス原作映画に複数本出演する予定だ。

なお映画版『バービー』の監督には、『ワンダーウーマン』シリーズを手がけたパティ・ジェンキンスが浮上しているというが、2018年10月5日(米国時間)時点でワーナーとの現実的な話し合いは行われていないという。

映画『バービー(邦題未定、原題:Barbie)』の撮影・公開時期は不明

Sources: THR, Variety
Eyecatch Image: [左]Photo by Gage Skidmore [右]CC0 Creative Commons Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly