ハーレイ・クインのスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ』2020年2月に米国公開決定 ― マーゴット・ロビー主演

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『スーサイド・スクワッド』(2016)のハーレイ・クインを主人公とするスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds Of Prey)』が2020年2月7日に米国公開されることがわかった。米The Hollywood Reporterほか複数のメディアが報じている。

本作は同名コミック「バーズ・オブ・プレイ」を原案とするもので、詳細は不明だが、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが“ガール・ギャング”のチームを結成するストーリー。登場するキャラクターには、DCコミックスの人気スーパーヒロインであるブラックキャナリー、ハントレス、刑事レニー・モントーヤ、「バットマン」に登場するカサンドラ・カインなどの名前が噂されている。

スーサイド・スクワッド

SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

2020年2月7日には『バーズ・オブ・プレイ』のほか、実写映画版『ピーターラビット2(仮題)』、先日キャリー・フクナガ監督の就任が発表された『007』第25作(タイトル未定)が米国にて公開される予定。『ピーターラビット』(2018)にはマーゴット・ロビーが声優として出演していたため、続投が決定した場合、2本の出演作品が同日に封切られることになる。なお『バーズ・オブ・プレイ』は、米国でのIMAX上映がすでに決定済みだ。

『バーズ・オブ・プレイ』の撮影は2018年末から2019年初頭にも始まるとされている。脚本は『バットガール(原題:Batgirl)』も執筆するクリスティーナ・ホドソン、監督には元新聞記者という異色の経歴を持つキャシー・ヤンが起用された。
2018年9月現在、ワーナーは出演者の選考中だとされており、候補者には『10 クローバーフィールド・レーン』(2016)のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)のググ・バサ=ロー、『ナイスガイズ!』(2016)のマーガレット・クアリー、『ムーンライト』(2016)のジャネール・モネイといった新進女優の名前が報じられている。

 

ワーナー&DCは、ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』を2019年10月4日に、『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』を2019年11月1日に米国公開予定。『バーズ・オブ・プレイ』は『ワンダーウーマン 1984』から約3ヶ月後の公開とあって、マーベル並みにハイペースの公開スケジュールとなった。
ちなみにジャレッド・レト&マーゴット・ロビーが再共演するとみられる、『スーサイド・スクワッド』ジョーカー&ハーレイ・クインのスピンオフ映画(タイトル未定)は、監督いわく「『バーズ・オブ・プレイ』が成功すればその次かもしれない」とのこと。もしもその通りであれば、早くとも公開は2021年以降となりそうだ。

映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds Of Prey)』は2020年2月7日に米国公開予定。『スーサイド・スクワッド』ブルーレイ&DVDは発売中。

Sources: THR, Variety
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。