Menu
(0)

Search

ハーレイ・クインのスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ』2020年2月に米国公開決定 ― マーゴット・ロビー主演

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『スーサイド・スクワッド』(2016)のハーレイ・クインを主人公とするスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds Of Prey)』が2020年2月7日に米国公開されることがわかった。米The Hollywood Reporterほか複数のメディアが報じている。

本作は同名コミック「バーズ・オブ・プレイ」を原案とするもので、詳細は不明だが、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが“ガール・ギャング”のチームを結成するストーリー。登場するキャラクターには、DCコミックスの人気スーパーヒロインであるブラックキャナリー、ハントレス、刑事レニー・モントーヤ、「バットマン」に登場するカサンドラ・カインなどの名前が噂されている。

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

2020年2月7日には『バーズ・オブ・プレイ』のほか、実写映画版『ピーターラビット2(仮題)』、先日キャリー・フクナガ監督の就任が発表された『007』第25作(タイトル未定)が米国にて公開される予定。『ピーターラビット』(2018)にはマーゴット・ロビーが声優として出演していたため、続投が決定した場合、2本の出演作品が同日に封切られることになる。なお『バーズ・オブ・プレイ』は、米国でのIMAX上映がすでに決定済みだ。

『バーズ・オブ・プレイ』の撮影は2018年末から2019年初頭にも始まるとされている。脚本は『バットガール(原題:Batgirl)』も執筆するクリスティーナ・ホドソン、監督には元新聞記者という異色の経歴を持つキャシー・ヤンが起用された。
2018年9月現在、ワーナーは出演者の選考中だとされており、候補者には『10 クローバーフィールド・レーン』(2016)のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)のググ・バサ=ロー、『ナイスガイズ!』(2016)のマーガレット・クアリー、『ムーンライト』(2016)のジャネール・モネイといった新進女優の名前が報じられている。

ワーナー&DCは、ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』を2019年10月4日に、『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』を2019年11月1日に米国公開予定。『バーズ・オブ・プレイ』は『ワンダーウーマン 1984』から約3ヶ月後の公開とあって、マーベル並みにハイペースの公開スケジュールとなった。
ちなみにジャレッド・レト&マーゴット・ロビーが再共演するとみられる、『スーサイド・スクワッド』ジョーカー&ハーレイ・クインのスピンオフ映画(タイトル未定)は、監督いわく「『バーズ・オブ・プレイ』が成功すればその次かもしれない」とのこと。もしもその通りであれば、早くとも公開は2021年以降となりそうだ。

映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds Of Prey)』は2020年2月7日に米国公開予定。『スーサイド・スクワッド』ブルーレイ&DVDは発売中。

Sources: THR, Variety
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly