Menu
(0)

Search

DC『バットガール』主演に『イン・ザ・ハイツ』レスリー・グレースが決定

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

DCコミックス原作映画バットガール(原題:Batgirl)』の主人公、バーバラ・ゴードン/バットガール役に、2021年7月30日(金)公開『イン・ザ・ハイツ』のレスリー・グレースが決定した。米Deadlineなどが報じている。

『バットガール』は米HBO Maxオリジナル作品として企画されているもので、2021年7月19日には、バットガール役の候補として、レスリーのほか、『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)のゾーイ・ドゥイッチ、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)のイザベラ・モナー、『ファイブ・フィート・アパート』(2019)のヘイリー・ルー・リチャードソンが挙がっていると報じられたばかりだった。

1995年生まれのレスリーは、2012年から歌手活動を開始し、同名ブロードウェイ・ミュージカルの映画版『イン・ザ・ハイツ』のニーナ役で女優デビュー。ワーナー・ブラザースは同作からレスリーに注目しており、『バットガール』のオーディションでも優れた成果を見せたことから起用に至ったという。なお、DC映画にラテン系の俳優が起用されるのは、『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』スーパーガール役のサッシャ・カーレ、『シャザム!:フューリー・オブ・ザ・ゴッズ(原題)』でヴィランの一人を演じるレイチェル・ゼグラーに続いて3人目だ。

バットガール役への起用を受けて、レスリーはTwitterにて「みなさんのバットガール、バーバラ・ゴードンを演じられることに大興奮しています! 自分が書いていることが信じられないくらい。家族に迎えてくださったDCに感謝します。自分の持てる力をすべて尽くします!」とのコメントを発表した。

『バットガール』の監督を務めるのは『バッドボーイズ フォーライフ』(2020)のアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー、脚本は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)のクリスティーナ・ホドソン。撮影は2021年11月にも始まる見込みだ。

なお、レスリーの出演する映画『イン・ザ・ハイツ』は2021年7月30日(金)全国公開。

あわせて読みたい

Sources: Deadline, Variety, The Wrap

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly