Menu
(0)

Search

DC『バットガール』映画版、主演候補4名が判明 ─ 『トランスフォーマー』イザベラ役や『イン・ザ・ハイツ』女優ら

バットガール
※画像はイメージです Photo by Ed's Toy Box https://www.flickr.com/photos/edwicks_toybox/21517087693/ Remixed by THE RIVER

DCコミックス原作の映画『バットガール(原題:Batgirl)』に新たな進展が見られた。米Deadlineは、主人公バーバラ・ゴードン/バットガールを演じる俳優のキャスティングが始動したことを伝えている。あわせて4名の候補俳優も判明した

本作の企画自体は2017年時点で始動していたが、制作陣の降板などをはじめ紆余曲折を経てきた。しかし、2021年5月には、監督に『バッドボーイズ フォーライフ』(2020)アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー、脚本に『バンブルビー』(2018)や『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)のクリスティーナ・ホドソンの起用が発表され、制作側の布陣が整いつつあった。

報道によれば、主演候補は『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)「ザ・ポリティシャン」(2019-)などのゾーイ・ドゥイッチ、シンガーソングライターで映画『イン・ザ・ハイツ』(2021)にも出演するレスリー・グレース、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(2018)などのイザベラ・モナー、『ファイブ・フィート・アパート』(2019)のヘイリー・ルー・リチャードソンの4名。製作の米ワーナー・ブラザース側は幹部を含め、この4名を筆頭に主演候補と面会することになる。なお、候補に名を挙げられたリチャードソンは面会前に辞退したとの情報も出ている。

物語の詳細は不明だが、ゴッサム・シティの警察長官ジェームズ・ゴードンの娘バーバラ・ゴードンの活躍が描かれていく模様。このたび伝えられた4名はハリウッドで頭角を現す若手俳優だが、主演の座を掴むのは一体誰になるだろうか。続報に期待したい。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly