Menu
(0)

Search

DC映画『バットガール』企画再始動!女性脚本家を起用、『アベンジャーズ』監督の降板経て

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画バットガール(原題:Batgirl)』の企画が再び始動したことがわかった。米The Hollywood Reporter誌が報じている。

映画『バットガール』は、1967年刊行のコミックを原案として、「バットマン」シリーズに登場するジェームズ・ゴードンの娘バーバラ・ゴードン(初代バットガール)を主人公とするストーリーになる予定。2017年3月、『アベンジャーズ』シリーズのジョス・ウェドンが脚本・監督に起用されたが、2018年2月には脚本上の問題からプロジェクトを降板している。

このたびワーナーは『バットガール』映画化企画の再始動にあたって、新たに女性脚本家のクリスティーナ・ホドソンを起用。『トランスフォーマー』シリーズのスピンオフ作品『バンブルビー(原題:Bumblebee)』を執筆した注目の新鋭で、2016年にはハーレイ・クインを主人公とするスピンオフ映画の一本『バーズ・オブ・プレイ(原題:Birds Of Prey)』にも起用されたと報じられていた。『バーズ・オブ・プレイ』の進捗は不明だが、そちらの執筆が終えられているとすれば、クリスティーナにとっては2本目のDC作品となる。

なおジョス・ウェドンが『バットガール』を降板した際、米メディアは、ワーナーが本作に女性監督を起用する方針だと伝えていた。現時点で新監督は未定だが、ひとまず女性脚本家の起用はこうした方針に矛盾するものではない。

映画『バットガール』の公開日や出演者など詳細は不明。今後の情報にも注目することにしよう。

Source: THR
The DC logo is a trademark of DC Comics.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly