Menu
(0)

Search

DC『ザ・バットマン』に『ダンケルク』バリー・コーガン出演 ─ 原作ではゴードン刑事の最初の相棒

ザ・バットマン

DCコミックスによる新たな単独映画ザ・バットマン(原題:The Batman)』に、『ダンケルク』(2017)などで知られるバリー・コーガンが出演することが分かった。米ワーナー・ブラザース公式YouTubeチャンネルに投稿された動画の説明欄にて、コーガンの出演が記載されている。

ロバート・パティンソンが主演を務める本作では、若き日のブルース・ウェイン/バットマンの姿が描かれることになる。コーガンが演じるのは、ゴッサム市警察所属の刑事スタンリー・メルケル。原作コミックでは、ジェームズ・ゴードン刑事の最初のパートナーとして登場する。コミック「バットマン:ダークビクトリー」にて、メルケルは祝日に警官を狙う殺人鬼ハングマンによって殺されている。

Barry Koeghan バリー・コーガン
Photo by Walt Disney Television https://www.flickr.com/photos/disneyabc/48613328186/in/photolist-2h4Ro8W-VSEZgB-2h4NPwd-2h4LcXc-2h4N1NN-2h4Lcgn-2h4PyHz-2h4PFrp/

すでに公開されている予告映像からはコーガン演じるメルケルの姿は確認できないものの、劇中では原作通り、ゴードン刑事(ジェフリー・ライト)と共に事件へ挑むことになるのだろうか。バットマンの2年目「イヤーツー」を描く本作では、キャラクターの解釈が一新されることが明かされており、メルケルの描かれ方にも注目したいところ。

パティンソン、コーガンのほか共演者には、ジェームズ・ゴードン役でジェフリー・ライト、キャットウーマン役でゾーイ・クラヴィッツ、エドワード・ナッシュトン/リドラー役でポール・ダノ、オズ・コブルポット/ペンギン役でコリン・ファレル、アルフレッド・ペニーワース役でアンディ・サーキス、暗黒街の首領カーマイン・ファルコン役でジョン・タトゥーロが参加している。

『ダンケルク』『アメリカン・アニマルズ』(2018)など、近年話題作に出演を重ねるコーガンは、今後にマーベル映画『エターナルズ(原題:The Eternals)』(2021米公開)を控えている。マイケル・ファスベンダー製作総指揮の犯罪スリラー映画『The Shadow of Violence(原題)』でも主演を務めるなど、ハリウッドで注目を浴びる若手俳優の1人だ。

映画『ザ・バットマン』 は2021年公開。

あわせて読みたい

Source: Warner Bros. Pictures

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly