Menu
(0)

Search

悪役目線で描かれる『スーサイド・スクワッド』のバットマンは「震えるほど恐ろしい」らしい

DCヴィランが集結し、悪党チームを結成する映画スーサイド・スクワッドだが、DC映画という事で『マン・オブ・スティール』や『バットマンvsスーパーマン / ジャスティスの誕生』と世界軸を共有している。予告編で既にその姿が明かされているが、本作にはバットマンが登場する、という点も楽しみにな見どころのひとつだ。
監督のデヴィッド・エアーは、『スーサイド・スクワッド』でのバットマンの使用権をめぐってワーナー・ブラザーズに頼み込んだというエピソードも語られているが、そのデヴィッド監督がこのキャラクターについてこうコメントしている。

すべてのバットマンの映画は、バットマン視点で語られていますよね。彼は良い奴で、これまでの映画の中でも、ヒーローとして描かれています。
ブルース・ウェインがバットマンという人物像を築き上げるためにやった事って、犯罪者を恐れおののかせるって事ですよね。つまり、犯罪者との心理戦。
夜になると現れるこの亡霊は、犯罪者を攻撃し、社会から引きずり出すワケです。
(スーサイド・スクワッドで)私たちは初めて、バットマンを”犯罪者目線”で目撃する事になります。そして、彼は震えるほど恐ろしいんです。」

スーサイドスクワッドでのバットマン

バットマンという存在に多様性がもたらされる。ヒーローとされてきたバットマンは、相反する悪の立場から見れば脅威として様変わりするのだ。コインの表と裏。『バットマンvsスーパーマン / ジャスティスの誕生』冒頭では、『マン・オブ・スティール』クライマックスでのスーパーマンのドラマチックな決戦の裏側を市民目線を通じて体感できたが、『スーサイド・スクワッド』では、バットマンの裏側を悪党目線で目撃する事となる。特にバットマンは、自らを「恐怖」のメタファーとして昇華させる事で犯罪者を追い詰める、といったダークヒーローだ。
観客がヒーローに追われる立場となったとき、このダークナイトはどれほど恐ろしく我々を追い詰めてくれるのだろうか。

映画『スーサイド・スクワッド』日本公開は9月10日(土)。

Source:http://www.gamesradar.com/suicide-squads-batman-is-freaking-scary-says-director-david-ayer/

Eyecatch Image:http://moviepilot.com/posts/3864733

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly