Menu
(0)

Search

『バットマン』バットモービルが主人公、アニメ「バットホイールズ」製作決定 ─ スーパーヒーロー・のりものチームの活躍描く

DCコミックスの人気ヒーロー・バットマンたちが操縦する、バットモービルたちの活躍を描く子ども向けアニメーション作品「バットホイールズ(原題:Batwheels)」が製作される。米ワーナー・ブラザース・アニメーションが発表した。

本作は、ゴッサムシティで悪と戦う“スーパーヒーロー・のりものチーム”を描くアクション・アドベンチャー・コメディだ。登場するのは、バットモービル(バットマン)のバム、バットガール・サイクル(バットガール)のビビ、レッドバード(ロビン)のレッド、バットウィング(バットマン)のジェット、バットトラック(バットマン)のバフ。バットコンピューターによって作られたばかりで、まだ経験の乏しい彼らが、子どもとしての、ヒーローチームとしての悩みに向き合っていく。

シリーズは未就学児童を対象としており、チームの冒険を描きながら、子どもたちが自信を持つこと、友情やチームワークを育むことの大切さを説く内容になるとのこと。製作総指揮には「ティーン・タイタンズ」などのサム・レジスター、「ピーター・ラビット」「チャギントン」のマイケル・G・スターン。監修に『ビー・ムービー』(2007)のサイモン・J・スミスが参加した。

『バットマン』シリーズの展開としては新機軸だが、ピクサー映画『カーズ』シリーズをほうふつとさせるアプローチが、ゴッサムシティにどんな新風をもたらすか。アニメ「バットホイールズ(原題:Batwheels)」はHBO Maxにて米国配信され、世界のカートゥーンネットワークにて放送される。

Source: Warner Bros.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly