Menu
(0)

Search

「ベター・コール・ソウル」シーズン6後半の予告編が公開 ─ 「ブレイキング・バッド」で起きた惨劇が再び?

ベター・コール・ソウル
AMC/Photofest 写真:ゼータイメージ

2008年より5シーズンにわたって放送された「ブレイキング・バッド」の悪徳弁護士ソウル・グッドマンが、ジミー・マッギルを名乗っていた時代を描く前日譚ドラマ「ベター・コール・ソウル」(2015-)。その最終章となるシーズン6の後半パートの予告編が米国公開されている。

公開された予告編は、シリーズでおなじみのモノクロ映像でスタート。ジミーが構えた弁護士事務所のトレードマークとなっている自由の女神のバルーンやオフィスの中、裏世界を牛耳るグスタヴォ・”ガス”・フリングが経営するチキン専門店「ロス・ポヨス・エルマーノス」の看板などが、メローなオールディーズに乗せて映し出される。

そして、「Let Justice be done, though the heavens fall(正義を行なうべし、例え世界が滅びようとも)」というナレーションと同時に映像がモノクロからカラーに切り替わり、ウォークイン・クローゼットの鏡の前でシャツを合わせているジミーの姿が映って終わっている。予告編から予想できることは多くないが、投稿には、「最終回は、サフィロ・アネホのショットよりスムーズに進むかもしれないし、そうでないかもしれない」と意味深なコメントが添えられている。

サフィロ・アネホは、「ブレイキング・バッド」と「ベター・コール・ソウル」に登場する架空のテキーラ・ブランド。「ブレイキング・バッド」ではガス・フリングがフアレス・カルテルのボス、ドン・エラディオに毒を混入したサフィロ・アネホを贈り、その場でボトルを空けてショットで次々に杯を交わしたドンやカルテルのトップらが、一網打尽に毒殺される惨劇が繰り広げられた。シリーズのフィナーレでは、この毒による虐殺よりも激しい展開が待っている可能性があるのだろうか……。

なお、シーズン6後半パートには、「ブレイキング・バッド」の中心キャラクターだったウォルター・ホワイト役のブライアン・クランストとジェシー・ピンクマン役のアーロン・ポールがカムバックする。その登場も見逃せない。

ドラマ「ベター・コール・ソウル」シーズン6後半6エピソードは、日本国内ではNetflixにて7月12日より配信開始予定。

あわせて読みたい

Source:Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly