ベン・アフレック『ザ・バットマン』はノーラン版を超えたい?かつての主演作『デアデビル』を反省

映画『ザ・バットマン』で脚本・監督・主演を務めるベン・アフレックが、ニューヨーク・タイムズのインタビューで同作の進捗状況を語った。アフレックによると、『ザ・バットマン』は脚本作業の最中であり製作を急いでいない状況だという。先日の情報によれば、ワーナーは『ジャスティス・リーグ パート2』の製作を延期し、『ザ・バットマン』の製作に集中する方向だ。

『ジャスティス・リーグ』2作目が製作延期へ!ベン・アフレック版『ザ・バットマン』製作のため

またアフレックは、『ザ・バットマン』を製作する上で、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』3部作を意識していることを明かしている。そんな彼がDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)に参加した理由、そして作品づくりにこだわる理由には、かつての主演映画『デアデビル』の存在があった。

『ザ・バットマン』は“象徴的なバットマン映画”を目指す

インタビューでアフレックは、『ザ・バットマン』の製作についてこう述べている。

もっと脚本作業をして、準備をしなきゃいけないんだ。僕は、期日や締め切りから逆算するプロジェクトではなく、すぐれたストーリーやアイデア、美術や衣裳などを手にしてから映画を作る方を強く信じてるよ。そういう方法をとっているし、そのまま終えられることを願ってる。僕は(脚本に)長い時間をかけてるけど、他の部門も同じだよ」

先日、主演映画『ザ・コンサルタント』のプロモーションに登場した際、アフレックは脚本作業が大詰めに入ったことを示唆していた。状況にめざましい進展はなさそうだが、その仕事には映画監督としての意地もあるようだ。

ベン・アフレック、映画『バットマン』は「失敗できない作品」と語る。執事アルフレッドは軍人風!

アフレックは、クリストファー・ノーランが監督した『ダークナイト』3部作についてこう言及している。

「単独作品で、象徴的かつスゴいバットマン映画を撮ることができたら、それ以上のことはないよ。でも、その映画はもう作られてしまっている。クリストファー・ノーランが素晴らしい映画を3本作ったのをとても意識してるんだ。僕は可もなく不可もない映画を作るために急ごうとはしていない。(製作を)確実にしていきたいし、できれば素晴らしい映画を作りたいのさ。ティム・バートンやクリストファー・ノーラン、クリスチャン・ベールと同じくらいの映画をね」

Mr.フリーズの逆……

『デアデビル』の反省を活かす

ところでアフレックは、ワーナー/DCの“コミックをベースに骨太な物語を作る”というスタンスに強く共感しているという。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』への出演を決めたのも、「そんな映画に出たい」という意志ゆえだったようだ。その背景には、かつてアフレックが主演を務めたヒーロー映画『デアデビル』(2003年)があった。

「一度くらい(ヒーロー映画を)正しくやりたかった、良い映画を作りたかったんだ。『デアデビル』は本当に残念だよ、失望したのさ。Netflixのドラマはすごくいいよね。ああいうことを僕らはやるべきだったけど、うまく作れなかった。だからヒーロー映画をちゃんと作りたかったんだよ」

いわばDCEUは、『デアデビル』で辛酸をなめたアフレックの“リベンジ”ということだ。『バットマン vs スーパーマン』の批判に悲しい表情を見せた裏側に、そんな思いがあったとは……。

映画『ザ・バットマン』は2018年の公開とみられるが、現時点で詳細は不明。ベン・アフレックが「きちんと撮るヒーロー映画」、めちゃくちゃ楽しみだ。

『バットマンvsスーパーマン』の批判を聞かされたベン・アフレックの悲しすぎるリアクションが”Sad Ben Affleck”と話題に

sources: http://batman-news.com/2016/12/12/ben-affleck-batman-movie-not-in-a-hurry/
http://comicbook.com/2016/12/13/how-daredevil-convinced-ben-affleck-to-play-batman/
Eyecatch Image: http://www.hollywoodintoto.com/hit-rewind-dark-knight-2008/
http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/batman-standalone-movie-directed-by-ben-affleck-confirmed-2018-release-date-likely-a6981716.html (remixed by THE RIVER)

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。