エディ・マーフィ主演『ビバリーヒルズ・コップ』続編が22年ぶり再始動

エディ・マーフィ主演のアクション・コメディ『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズの続編がついに本格始動する。1994年に第3作が公開されてから20年以上、あの“若手刑事”アクセル・フォーリーがスクリーンに帰ってくることになりそうだ。

ビバリーヒルズ・コップ続編

http://shadowandact.com/2016/06/14/beverly-hills-cop-4-is-a-go-brussels-based-directors-of-moroccan-descent-now-attached-to-helm/

パラマウント社は、『ビバリーヒルズ・コップ4』製作のため、新鋭アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー監督を雇ったことを明らかにした。アルビ&ファラー監督による前作『ブラック』(日本未公開)は、ギャングとして生きる15歳の少女がライバル組織の少年と出会うところから始まるラブストーリーで、昨年のトロント国際映画祭でディスカバリー賞を獲得するなど絶賛を受けた。エディ・マーフィと、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは、この作品に大きな感銘を受けたという。

『ビバリーヒルズ・コップ4』は、アクセル・フォーリーの原点であるデトロイトが物語の舞台になる。脚本は『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)、『ミュータント・タートルズ』(2014)などを手がけた ジョシュ・アッペルバウムとアンドレ・ネメックが担当し、すでにアルビ&ファラー監督とともに脚本作業に入っているという。製作は2016年末~2017年初旬に開始される予定だ。

しかしながら、『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズの続編が計画されたのは今回が初めてではない。2008年に『ラッシュ・アワー』シリーズのブレット・ラトナー監督が雇われた際は、数年後に計画が中止され、2013年にはテレビドラマとしてパイロット版が放送されるも製作の続行は叶わなかった。シリーズのファンにとっては悲願となる第4作、今度こそ無事に完成することを祈りたい。

source:
http://www.cinemablend.com/news/1524090/eddie-murphys-beverly-hills-cop-4-just-took-a-huge-step-forward-get-the-details
http://deadline.com/2016/06/beverly-hills-cop-sequel-adil-el-arbi-bilall-fallah-directing-eddie-murphy-jerry-bruckheimer-paramount-1201772591/

Eyecatch Image:https://www.reddit.com/r/wallpaper/comments/2rbdjf/beverly_hills_cop_1920x1080/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。