ヘイデン・クリステンセン、アナキン役の再演を熱望「オファーあればすぐに出たい」

まったく僕達は、いくつになっても『スターウォーズ』の繰り出す魅力にワクワクされ続けている。2015年に『フォースの覚醒』が公開されてからというものの、その後のストーリーを描く『エピソード8』『エピソード9』、それに『ローグワン』や『ハン・ソロ』といった銀河最強のフランチャイズが紡ぐ新世界を心待ちにしているのだ。

さて今日は『エピソード8』に関する話題だ。レイ、フィン、ポー・ダメロンやカイロ・レンといった新たな若き英雄たちが今後どのような活躍を観せてくれるのか、期待が高まるあまり現時点だけでも既に様々な噂が飛び交っている。レイの正体はあの人の娘だとか、ルークとレン騎士団が対決するのだとか、その話題は尽きないが、個人的に最も興味をそそられるのが、プリクエルでアナキン・スカイウォーカーを演じたあのヘイデン・クリステンセンが、フォース・ゴーストまたはフラッシュバックに登場するものとして、『エピソード8』の撮影に挑んでいる、というものだ。
海外メディアを漁っていると、ヘイデン・クリステンセンが撮影地に飛んだという書き込みも見られるが当然真偽の程は定かではない。とはいえ、『フォースの覚醒』のコンセプトアートの中には、「もし(ヘイデン・クリステンセンの)アナキンの魂がフォースの覚醒に登場したら」という仮定でアートワークが制作されていた事からも、結局フォースの覚醒には登場しなかったものの、もしかするとエピソード8、9でその姿を拝むことが出来るのではないかと否応にも期待してしまうものだ。

http://dorksideoftheforce.com/2016/06/09/hayden-christensen-would-return-to-star-wars-in-a-heartbeat/

http://dorksideoftheforce.com/2016/06/09/hayden-christensen-would-return-to-star-wars-in-a-heartbeat/

果たしてヘイデン・クリステンセンがスターウォーズに再出演する事はあるのだろうか。ヘイデンは2016年3月、インタビューで『エピソード8』の出演の是非について答えている。

インタビュアーに、新たなスターウォーズ・サーガについて尋ねられたヘイデンは、「とても興奮していますよ」と回答するも、「もうあの映画とは関わりがないんだ」と漏らしている。そして、フラッシュバックなどでも新作に登場できるとしたら?という問いには、「絶対に出たいですね」と答える。

「即決で出たいです。あの世界の一員になるというのは、僕にとってとてつもない出来事なんです。(エピソード2〜3に携わった)あの4、5年は人生でも良かったし、沢山のいい想い出やいい友だちができました。
わからないけど、もしオファーがあったら、すぐに応えたいですね。」

この話によれば、『エピソード8』出演の経緯があった事実確認は取れないが、機密保持契約を守るためのポジショントークの可能性だってありえるわけだ。まぁ、これを言い出したらキリがないけどね。

とにかく、アニーがスターウォーズの世界に「戻れるものなら戻りたい」と思ってくれているのは、ファンにとっては嬉しい限りだ。ルーカス・フィルム側がオファーさえ出せば、ヘイデンの再出演は簡単に実現するというわけである。エピソード8でその夢が実現する可能性は低いのかもしれないが、それでもエピソード9での可能性を諦めないぞ!

ちなみにヘイデン・クリステンセンは現在、とあるプロジェクトに忙しいのだという。「いまのメイン・プロジェクトは、パパになることですね。10ヶ月になる小さな娘の面倒を見てるんだ。」と笑って答えている。

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • Yoshiko Nakano CL 2016年6月16日 at 2:43 PM

    ヘイデン・クリステンセンのスター・ウォーズ愛は認めましょう。というのは、よく見るとオリジナルとの差し替えになったエピソード4の「フォースと一体になった」3人のジェダイが微笑むシーンで、どう見ても「微笑み」ではなく「ニヤケ」になってしまっていて、「おいおい、君はルークの父だろう。最初の三部作の一部になれたからって、はしゃいだらいかんだろう。」と、突っ込んでしまったのですがね。もし、8,9に出演して、またはしゃいでぶち壊しにしないか心配してしまいます。

    Reply
    • Yoshiko Nakano CL 2016年6月16日 at 2:45 PM

      もとい、今言ったシーンはエピソード6です。番号間違えた。

      Reply
    • Naoto 2016年6月16日 at 3:26 PM

      僕もあのニヤニヤは好きですね。なんか「いろいろ皆さんにご迷惑かけちゃってすみません」みたいな感じでニヤニヤ出てくるのがたまんないですねーw

      Reply