Menu
(0)

Search

「ビバリーヒルズ高校白書」「青春白書」リブート企画が進行中 ─ オリジナルキャスト再登板へ

ビバリーヒルズ高校白書
Photo by Jason Scott https://www.flickr.com/photos/textfiles/40441187822/

1990年代に人気を博したドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」(1990-2000)のリブート企画が進行していることがわかった。米Deadlineが報じている。

「ビバリーヒルズ高校白書」「青春白書」は、米カリフォルニア州のビバリーヒルズを舞台に、双子の兄妹ブランドン&ブレンダをはじめとする登場人物の友情や恋愛を描き出した。シリアスな家庭事情や、当時のアメリカが抱えていた社会問題をテーマとして取り込むことで、豊かな同時代性をはらんだティーンドラマとして絶大な人気を獲得。続編「新ビバリーヒルズ青春白書」(2008-2013)も製作された。

報道によると、今回のリブート版には複数のオリジナルキャストが再登板する見込み。2018年12月現在、ブランドン・ウォルシュ役のジェイソン・プリーストリー、ケリー・テイラー役のジェニー・ガース、ドナ・マーティン役のトリ・スペリング、デビッド・シルバー役のブライアン・オースティン・グリーン、アンドレア・ザッカーマン役のガブリエル・カーテリス、今では『シャークネード』シリーズで有名となったスティーブ・サンダース役のイアン・ジーリングの名前が伝えられている状況だ。ただしDeadlineは、本企画が「いわゆるリブート作品ではない」との情報もつかんでいる。

リブート版「ビバリーヒルズ~」の製作は米CBS TV Studiosが担当し、複数の放送局やストリーミング・サービスに企画が提案されているとのこと。脚本とエグゼクティブ・プロデューサーは、前出の「新ビバリーヒルズ青春白書」を手がけたマイク・チェスラー&クリス・アルバーギーニらが担当する。

なお「ビバリーヒルズ~」は、スピンオフドラマ「メルローズ・プレイス」(1992-1999)とその続編(2009-2010)、さらにそのスピンオフにあたる「モデル・エージェンシー/女たちの闘い」(1994-1995)など複数の派生作品を生み出した。「いわゆるリブート作品ではない」という本企画が一連の作品の中でどのような位置づけとなるのか、またオリジナル版との関連性はどうなるのかなど、シリーズのファンにとっては気になるポイントも多いだろう。いずれにせよ、また新たに注目の企画が登場したことは間違いない。

リブート版ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」「青春白書」の放送・配信時期は未定

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly