【バイオハザード: ザ・ファイナルを観る前に】過去シリーズを徹底復習!ビビリな私のバイオ日記【バイオハザード3編】

「ビビリな私のバイオ日記」とは、人気モデルローラ出演でも話題となり、今月遂に公開される『バイオハザード ザ・ファイナル』を少しでも見たいと思っているけど、

  •  ゾンビが怖い
  • ゲーム版(原案)を知らない
  • アクション映画をあまり見ない
  • 今までの作品を見てきていないので内容がわからない 

これらの障害があるせいで、見にいくのを早々に諦めている方に向けて、今さら聞けないシリーズ全作のあらすじ設定等を徹底解説していこうというものだ。

 

怖がりな人でも見やすいということで、ビビリな私がビビリなりに『バイオハザード』シリーズの魅力をご紹介していく。早速だが、今回はシリーズ三作目『バイオハザードⅢ』をご紹介しよう。

【注意】

この記事には、2007年の映画『バイオハザードⅢ』に関するネタバレ内容が含まれています。

2007年『バイオハザードⅢ』

https://jp.pinterest.com/lorenaiglesias/costumes-movies/

https://jp.pinterest.com/lorenaiglesias/costumes-movies/

前作から約三年後を舞台にした今作。

Tウィルスはアメリカ全土のみならず、数ヶ月で全世界に広まってしまった。人々はアンデッド化、湖や森も枯れ果て、地球上では不毛な地が増えて行く一方であった。

この三作目には、何故か他の作品と違って邦題に副題がついていない。勿論原題にはついていて、それは「Extinction(絶滅)」だ。

主な登場人物

アリス:主人公。元アンブレラ社特殊部隊。前作で超能力を得た。

カルロス・オリヴェイラ:前作の生存者。クレアチームの一員。

クレア・レッドフィールド:生存者を集めた車団チームのリーダー。

L.J:前作の生存者である民間人。クレアチームの一員。

Kマート:クレアチームの一員である女の子。

マイキー:クレアチームのコンピューター担当。マット以降の私の推しメン

アイザックス博士:今作の悪者。前作でアリスを人体実験していた。

アルバート・ウェスカー:バイオハザードシリーズ最強の敵、アンブレラ社上級幹部。

今作ではゲームでもお馴染み、クレアとウェスカーが初登場

前作では、ゲームからジル・バレンタインカルロス・オリヴェイラが登場した。そして今作では、クレア・レッドフィールドアルバート・ウェスカーが初登場を果たす。

http://www.thaibiohazard.com/forum/viewtopic.php?f=68&t=16787916

http://www.thaibiohazard.com/forum/viewtopic.php?f=68&t=16787916

クレア・レッドフィールドは、特殊部隊S.T.A.R.S.に所属するクリス・レッドフィールドの妹である。(クリスは次作に初登場する)ゲーム版では、Tウィルスに対して完璧な抗体を持っているという設定がある。

http://kaoyon.deviantart.com/art/Albert-wesker-435826839

http://kaoyon.deviantart.com/art/Albert-wesker-435826839

アルバート・ウェスカーは、ゲームをプレイしている方としては「待っていました」という具合だろう。ほとんどのゲームシリーズに登場するキャラクターであり、悪役である。しかしながら、その容姿やキャラクターがクールであると、ダークヒーロー的な立ち位置を確立していて、人気も高いのだ。

映画においても、アリスにとって最強の敵となるだろう。では、映画をあらすじに沿ってご説明したいと思う。

砂漠化が人類に引き起こす変化

https://www.youtube.com/watch?v=8vjMDIN2M00

https://www.youtube.com/watch?v=8vjMDIN2M00

今作の舞台は、先述のようにTウィルスによって不毛の地となった地球だ。

アンデッドが地上に放たれてから三年間、当事者であるアンブレラ社の幹部らは地下に潜って、難をしのいでいた。しかし、各国のアンブレラ社支部による残りの食料貯蔵量の報告によれば、いつまでも隠れている事もできない事がわかる。

安全な地下に身を隠すアンブレラ社が困るのであれば、地上で生き延びている民間人はより食糧難に悩まされているはずだ。

人々は食糧を奪い合いはじめる事になるだろう。そうなると、従来持っていたモラルや人間性、文化的思考でさえ失う恐れがある。野蛮人と化した人々は、自分と同じ人間を貶め、死を賭けたゲームなどを楽しむようになるだろう。

 

アリスが助けを求めていた民間人を救いに行くが、それは罠だったというシーンがある。男に囲まれて強姦をされそうになり、抵抗をした彼女を彼らは穴に突き落とす。身動きがとれない彼女の前に現れたのは、バイオハザードシリーズでもお馴染みのクリーチャー、ケルベロス(ゾンビ犬)だ。

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

 

まあ、アリスの事なので、ケルベロスを倒すだけでなく、穴から脱出。野蛮人たちこそが、ケルベロスに襲われてしまった。まさに、飼い犬に手を噛まれるとはこういうことだろう。 

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

 

『アリス計画』とは何か

http://www.listal.com/viewimage/3619083

http://www.listal.com/viewimage/3619083

さて、ここで思い出してほしい。前作、瀕死状態のアリスを回収し、新たに人体実験を重ねた、アンブレラ社の科学部ヘッドであるアイザックス博士が言った『アリス計画』の事を。

アイザックス博士の報告によれば、アンデッドは栄養を必要としていないため、食欲こそはあれど食事をしなくても、数十年は生き延びる事が可能だという。しかし、先述の通り世界的な食料貯蔵量は減る一方だ。このままでは、本当に人類が滅亡してしまう……そこで、それを食い止めるのが『アリス計画』なのである。

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

『アリス計画』とはズバリ、アリスの血液中の抗体からTウィルスが人体に及ぼす作用を無効化する血清を作り出す、という計画だ!(ドドン)

ここからはアイザックス博士の持論となるのだが、その血清をアンデッドに投与すると、彼らには一定の知性と記憶力が戻り、食欲をコントロールする事が出来るようになる。そうなれば、アンデッドを調教する事が可能となり、人間に戻ることは不可能でも、ある程度の労働力として役に立つのだ。 

博士は、この血清を作るためにアリスの血から生み出したアリスのクローンを、サバイバルシュミレーションを用いて実験する。それをクリアする事ができたクローンは、オリジナルのアリスと同じレベルの抗体を持っていると信じたからである。

で、アンデッドは調教できたの?

http://wifflegif.com

http://wifflegif.com

しかし、クローンは所詮クローン。シュミレーションをクリアしたものは出てこない。そこで博士は、失敗クローンの中でも最も優秀だったものの血液サンプルをとり、博士はそれで作った血清を、その辺で捕まえたゾンビに実験的に投与する。

 

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

すると、目が黒く変化したアンデッドはおとなしくなり、博士の言う事を聞き始めたのだ。携帯電話を渡せば、開いて耳にあて、積み木を与えれば同じ型にはめていく。つまり、血清を打った事でアンデッドに知性と倫理的思考が戻ったという事だ。

しかし、積み木を上手くはめられなかったアンデッドはイライラしはじめ、ついにブチ切れ。側にいた研究員は襲われ、博士はそれを助ける事なく黙ってみていた……。

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

https://123wtf.me/2013/07/04/wtf-resident-evil-extinction-2007/

どうやら、博士が生み出したのものは、知性と敏捷性があがっただけでなく、より凶暴化したスーパーアンデッドだったのだ。強化してどうするのよ!

前作の生存者、カルロスとL.Jはクレアチームに所属

さて、二作目でアリスらと行動をともにし、生存したカルロスL.Jを覚えているだろうか。彼らはその後、クレアという女性がリーダーを務める車団の一員となり、生存者たちをまとめながら、食料と安住の地を求めて旅をしていたのだ。

http://www.icollector.com/Resident-Evil-Apocalypse-L-J-s-Guns-Mike-Epps_i15604049

http://www.icollector.com/Resident-Evil-Apocalypse-L-J-s-Guns-Mike-Epps_i15604049

特殊部隊員だったカルロスはともかく、民間人のL.Jなかなかやりよる。だが、残念ながら彼は旅の途中でついにアンデッドに噛まれてしまう。そしてそれを隠して仲間と旅を続けていたのだった……。

 クレアチームのメンバーにはこの二人と同じく、一般の生存者をまとめるトップメンバーが他にも何人かいる。そのメンバーの中で、コンピューターに強い主に監視担当のマイキーは、マットに続く私のバイオ推しメンである。

http://moviemorgue.wikia.com/wiki/Mikey_(Resident_Evil:_Extinction)

http://moviemorgue.wikia.com/wiki/Mikey_(Resident_Evil:_Extinction)

(↑マイキー) 

ヒッチコックの『鳥』を彷彿させる、ゾンビカラスの襲撃!

さて、『バイオハザード』シリーズの中でもアイコニックなクリーチャーといえば、我らがゾンビ犬(ケルベロス)だ。しかし、今作では新種のアニマルゾンビが登場する。

ずばり、ゾンビカラスだ!(バンッ) 

http://anothersun.blogspot.jp/2011_04_01_archive.html

http://anothersun.blogspot.jp/2011_04_01_archive.html

クレア一行はある日寝起きにクロウ(ゾンビカラス)に襲われてしまう。クロウは、アンデッドの肉を食べたことによって二次感染したカラスだ。

ゾンビカラスが生存者が乗っていた車両のうちの一つであるスクールバスのガラスを割ろうと、群れをなして一気に攻め入ってくるシーンは、とにかく凄まじい。ヒッチコックもビビってしまうだろう。

もう大ピンチ!という時に、颯爽と現れたのがアリス。

彼女はカラスに向けて発射されていた火炎放射器に自分の超能力を使い、空中にいたゾンビカラスを一匹残らず焼き鳥にしてしまった。

http://cinefacts-forum.kino.de/62559-der-ich-habe-mir-gerade-folgenden-film-angesehen-sammelthread-3294.html

http://cinefacts-forum.kino.de/

そうだ、アラスカに行こう!

アリスのおかげで助かったクレア一行。感謝をしながらも、超能力を使う彼女を恐れていた。アリスはそれに気づきながらも、あるノートを彼らに差し出す。それはアリスが道中に拾ったもので、そこには安住の地アルカディアに関する情報が書かれている。一行は多数決をとり、アルカディアが存在するというアラスカに向けて出発、アリスをメンバーに加える事にした。

祝再会!何故、アリスとカルロスは別行動をとっていた?

さて、ここでアリスとカルロスが再会を果たす。だが、前作ではカルロスがアリスをアンブレラ社から車で連れ出したはず。何故、彼らは行動をともにしていなかったのか。それは、アリスが自ら別行動をとる事に決めたからだった。

実は、アリスは前回のアイザックス博士による人体実験で、超能力を授かっただけでなく、アンブレラ社の衛星から監視、操作されるようになってしまったのだ。

http://www.nvidia.com/object/io_1192032277210.html

http://www.nvidia.com/object/io_1192032277210.html

自分の力が強大になり、衛星の件もあってより身の回りにいる人間を傷つけると判断したアリスは、仲間から離れて行ったというわけだ。

そして後に衛星をハッキングしたおかげで、今までアンブレラ社に見つかる事なく身を隠していた。

しかし、今回クロウを退治した時に使った超能力のせいで、強い電磁波が生まれ、それをキャッチしたアンブレラ社の研究所に彼女の居場所が知られてしまう。

アイザックス博士、暴走

アリスの居場所を突き止めたアイザックス博士は、彼女が気づかないうちに、すぐ特殊部隊を送るべきだとウェスカーに話す。しかし、ウェスカーはそのアリスが100%本物だという確証がなければ、それを許可することはできないと断った。

しかし、マッドサイエンティストはここで引き下がらない。

 独断で部下に指示をし、彼はアリスのもとに特殊部隊と共に向かう。その特殊部隊とは……先述のスーパーアンデッドだった。

砂漠化したラスベガスでスーパーアンデッドと死闘!

http://www.lazygirls.info/Milla_Jovovich/Resident_Evil_Extinction_gTXSBhj

http://www.lazygirls.info/Milla_Jovovich/Resident_Evil_Extinction_gTXSBhj

自分が衛星に監視されている事に気づかない、アリス。一行はアラスカへ向かうための燃料や食料の補給を目的として、ラスベガスに到着する。そこに、一行の行く手を遮るコンテナが現れる。その中には例のスーパーアンデッド部隊が潜んでいたのだ。

一斉に姿を現した彼らは、クレアチームに襲いかかった。

ここで注意をしておきたいのは、三作目は他作品に比べてホラー要素も少なくひかえめな作品かもしれないが、戦闘シーンに関しては脳天が吹っ飛んだりするので意外とグロいということだ。

http://www.fanpop.com/

http://www.fanpop.com/

アリスも交戦をするのだが、その時アイザックス博士が衛星を使って彼女をシャットダウンさせてしまった。アリスは完全にフリーズ状態となってしまい、その間に車団の仲間は次々と襲われていく。(私の愛しのマイキーも犠牲に……)

しかも、このタイミングでL.Jがアンデッド化。カルロスは彼に襲われ、倒すものの噛まれてしまう。

そしてついに、アリスが超能力をふんばって使ったおかげで、衛星に不具合が生じ、再起動。自由の身となったアリスは、近くのテントでモニタリングをしていた博士たちに襲いかかる。

アイザックス博士はなんとかヘリで逃れるのだが、その際に自身が生み出したスーパーアンデッドに噛まれてしまう。アリスは、逃げたヘリをアラスカへの足にしようと考え、テント内のパソコンからラボの位置を探るのであった。

スーパーアンデッドに噛まれるとどうなるのか

さあ、博士は大変。スーパーアンデッドはアリスの血清を打った事で、通常よりウィルスの力も強大になっている。何本もの解毒剤を注射していたアイザックス博士は、しまいに突然変異をとげ、化け物となってしまう。

アリスの恋愛事情

ところで、アリスはネメシス(前記事参照)と同等の力を持ち、超能力も使え、衛星によって操作される……もはや人間なのかいささか疑問ではあるが、彼女も女は女だ恋だってする

一作目ではスペンサーという、ウィルスを漏洩させた悪者と偽装結婚をしていたが、そこに恋愛感情があったかは不明だ。随分とご無沙汰なはず。

http://www.liveinternet.ru/photo/_resident_evil/post8876154/

http://www.liveinternet.ru/photo/_resident_evil/post8876154/

そんなアリスが実は恋をしていたのだ……カルロスに!

出会いは二作目、数年ぶりの再会を果たした際、アリスの顔は完全に女の子の顔となっていた。何故俺から離れていった、何故今戻った、と彼女に問うカルロスに対し、照れ笑いをする彼女。

移動中も車内で目が合ってお互いにやにやするなど、完全に相思相愛である。

度重なる人体実験のせいで、人間からかけ離れた存在になっていく事に対し、今回のアリスの恋愛模様は、我々に彼女の人間らしさのようなものを改めて思い出させてくれる。

ミッション:アンブレラ社のヘリを奪って、アラスカに行くぞ! 

さて、一行はアンブレラ社のラボに向かっていた。ラスベガスの襲撃のせいで、仲間は残りわずか。ヘッドメンバーはクレアとKマート、そしてアンデッドに噛まれてしまったカルロスのみだった。

カルロスは自分が助かるとは思えず、自分が爆弾を載せたバスごとラボを囲むフェンスにつっこむ事で、道が開けアリスたちが進めるようになると考えた。口づけをかわし、アリスに別れを告げた彼の最期の勇姿は、なんだか切ない。

http://www.bang2write.com/2013/11/heroes-villains-disposable-men-aka-5-reasons-male-characterisation-needs-an-overhaul-too.html

http://www.bang2write.com

そんな彼のおかげで、クレアたちは無事ヘリまで辿りつける。クレア、Kマート、そして他の生存者に先にアラスカに向かうように指示し、アリスは研究所に一人で向かった。

レッド・クイーンの妹?ホワイト・クイーン

研究所の中は悲惨なものとなっていた。何が起きたのだと、辺を見回すアリスの目の前に現れたのは、ホワイト・クイーン。彼女はレッド・クイーンの妹にあたる人口知能ホログラムであり、アリスの味方であった。

https://jp.pinterest.com/pin/353040058273285724/

https://jp.pinterest.com/pin/353040058273285724/

一作目に登場し、“アリス”を殺そうとした姉のレッド・クイーン。逆に、心優しい妹ホワイト・クイーン。この設定、どこか聞き覚えがないだろうか。そう、実はバイオハザードシリーズには『不思議の国のアリス』のオマージュが散りばめられているのである。

 

ホワイト・クイーンは、施設での出来事はアイザックス博士の仕業であり、自分が出来る限り奥に閉じ込めたとアリスに告げる。やっつけてね!と彼女に応援されながら、アリスは研究所の奥へと進んで行くのであった……。(ホワイト・クイーンめっちゃ良い子)

ラスボスは、アイザックス博士改めタイラント!

https://tomwhahappen.wordpress.com/

https://tomwhahappen.wordpress.com/

今回のラスボスは、アイザックス博士。彼が変異したのは化け物とは、ゲームでもお馴染みのクリーチャー、タイラントだ。彼らは研究所の奥にある、クローンアリスの実験に使用していたシュミレーションルーム(一作目の洋館と同じ作りの空間)で対峙する。

タイラントとなった博士は、すぐに傷を再生させるだけでなく、雄叫びをあげればそれはアリスの超能力と互角レベルの衝撃波となった。しかも、彼の右手の指は伸縮自在な触手となり、アリスに襲いかかる。

死闘のすえ、彼らはシュミレーションルームの奥にある、まさにバイオハザードといえばコレ!という程アイコニックなレーザールーム(一作目に登場)に到着した。

http://www.fanpop.com/

http://www.fanpop.com/

シュミレーションモードであったため、例のレーザーが放たれる。どんなに傷を与えても倒すことのできなかった、タイラント博士はここでついに、網目状のレーザーによって肉片となり死亡。アリスも危機一髪!というところで、意識のあったクローンアリスが彼女を助けた

アリスクローン軍団、誕生なるか

クローンのおかげで生き延びたアリスは、研究所を探る。そして、彼女は大量に眠っている状態の自身のクローンを発見したのであった。

三作目はここで終わってしまうのだが、四作目にアリスのクローン軍団が登場する事が多いに期待できるラストシーンとなっている。

さて、本当に登場したかは次の記事で。

Eyecatch Image:http://www.moviereviews.com/movie/Resident-Evil:-Extinction/2007
(C) 2007 Sony Pictures Entertainment (J) Inc. All Rights Reserved.

About the author

ライター/編集者/Ellegirlオフィシャルキュレーター、たまにモデル。ヌーヴェルヴァーグと恐竜をこよなく愛するナード系ハーフです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • 匿名 2016年12月13日 at 12:42 AM

    失礼ながら、当記事は人に読んでもらうものとしてネットにアップできるほど、文章が日本語として成立しているとは思えないのですが。とくに前半部は読めたものではありません、所謂「てにをは」からなっていません、執筆された方は今一度、冷静になって読み返されるべきでしょう。
    人様に読んでもらうための記事ならば、公表する前にもっときちんと文章を読み直し、少なくとも引っかからなく読める程度にまで仕上げるべきではないでしょうか?

    Reply
    • ANAIS (アナイス) 2016年12月19日 at 11:14 AM

      匿名様

      日々、ORIVERcinemaをご覧くださり誠にありがとうございます。
      また、今回こちらの記事に対してご指摘いたがき、ありがとうございます。
      指摘してくださった点を真摯に受け止め、記事をリライトするべく一時非公開とさせていただきました。
      改めて気を引き締め、日々精進させていただきますので、今後ともORIVERcinemaをよろしくお願い致します。

      Reply
  • nash13 2016年12月21日 at 12:27 PM

    僕は面白いと思って読んでます。
    このままの感じでいいので続きも楽しみにしています!

    Reply
    • ANAIS (アナイス) 2016年12月26日 at 12:58 PM

      nash13様

      普段からORIVERcinemaおよび、バイオ日記を閲覧くださり誠にありがとうございます。
      とても心の支えとなり、今後の執筆の活力となるお言葉をいただき、大変恐縮しております。
      そのお言葉があったおかげで、シリーズも最終回まで無事執筆できそうです。
      今後もより良いものを執筆していくつもりですので、何卒よろしくお願い致します。
      いただいたコメント、とても嬉しかったです。

      アナイス

      Reply