Menu
(0)

Search

『バイオハザード』リブート企画、サメ映画『海底47m』ヨハネス・ロバーツ監督が就任 ─ 新キャストで2019年撮影へ

バイオハザード:ザ・ファイナル
© 2016 Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

大人気サバイバル・ホラーゲームを原作とする、映画版『バイオハザード』のリブート企画を手がける監督がついに決定した

Varietyによれば、このたびリブート版『バイオハザード』の監督に就任したのは、サメ映画『海底47m』(2017)のヨハネス・ロバーツ。『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』(2018)や『アザー・サイド 死者の扉』(2016)などホラー映画のキャリアが豊富なクリエイターで、現在は『海底47m』の続編を製作中だ。

ポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演による映画版『バイオハザード』シリーズは、2002年の第1作を皮切りに全6作品が製作され、『バイオハザード: ザ・ファイナル』(2016)で完結。同シリーズに続いてリブート版でも製作を主導する独Constantine Filmは、2017年5月以降、つねに高い優先順位で本企画を進めてきたという。

リブート版『バイオハザード』でプロデューサーを務めるのは、『ソウ』『死霊館』シリーズを手がけたジェームズ・ワン。脚本はハリウッド版『Death Note/デスノート』(2016)続編にも参加しているグレッグ・ルッソが執筆し、すでに完成しているとのこと。グレッグ氏による脚本には、今後おそらくヨハネス監督による改稿が加えられるものとみられる。

ちなみにグレッグ氏は、リブート版『バイオハザード』の脚本に、原作ゲームの怖さに回帰する“ホラー志向”を採用したとのこと。2017年発売『バイオハザード7 レジデント イービル』を参考に、「ホラーを第一に、アクションを第二に」据えたストーリーとなっているそうだ。ミラ・ジョヴォヴィッチ版とは大きく異なるアプローチに、ゲームファンからは早くも期待の声が上がっている。

リブート版映画『バイオハザード』(タイトル未定)は、新たなキャストを迎えて2019年の撮影予定。もちろんキャスティングにも大きな注目が集まることだろう、続報を楽しみにしておきたい。

ミラ&ポール版の最終作、映画『バイオハザード: ザ・ファイナル』のBlu-ray&DVDは発売中。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly