Menu
(0)

Search

『アーミー・オブ・ザ・デッド』ザック・スナイダー、ゾンビゲームにリアクションする映像 ─『バイオハザード』『The Last of Us』など

ザック・スナイダー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28487603362/

『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004)にて、ジョージ・A・ロメロのゾンビ映画を見事に現代に蘇らせた監督、ザック・スナイダー。このたびゾンビジャンルへの復帰作、『アーミー・オブ・ザ・デッド』のプロモーションのために、スナイダーはさまざまなゾンビゲームの映像を実際に鑑賞してみた。その貴重な様子を是非ご覧いただきたい。

ゾンビ映画を現代に蘇らせた立役者のひとりと言っても過言ではない監督は、このたびゾンビゲーム史に残る『The Last of Us』や『Left 4 Dead』、『バイオハザード』『レッド・デッド・リデンプション・アンデッド・ナイトメア』などの映像を実際に鑑賞している。『バイオハザード』1作目の名場面を見たところ、スナイダーはゾンビジャンルとしての功績を讃えながら、「これは素晴らしい」と脱帽した様子。『The Last of Us』では突然現れる寄生菌の感染者に対して、そのショッキングなビジュアルに驚いた表情を見せながら、「ゾンビ/クリーチャーのビジュアルがとにかく怖い」と反応を示した。

一方で、『レッド・デッド・リデンプション・アンデッド・ナイトメア』では襲い掛かる老人感染者に、「ロメロみたいなゾンビ」「クラシックなゾンビ映画を思い出します」と冷静に分析している。そして『Left 4 Dead』では瞳が赤く光るゾンビに、「これは作品を考える上で興味深い」と少しばかり影響された様子だ。

いずれもそれなりの恐怖映像ではあるものの、ゾンビ映画を自ら手掛けているだけあって、スナイダーは大きな動揺を最後まで一切見せなかった。とはいえ、ひとつひとつの作品に対して感心している様子がうかがえたことも事実。もしかしたらスナイダーによる今後の作品にその影響が垣間見られるかも……?

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly