Menu
(0)

Search

【えっ】映画版『バイオハザード』早くもリブート企画が進行中

実写映画版『バイオハザード』シリーズが早くもリブートされる。これは、現在(2017年5月17~28日)開催されている「第70回カンヌ国際映画祭」の会場にて、ゲーム『バイオハザード』の映画化権を持つコンスタンティン・フィルムのマーティン・モスコウィッツ氏が語ったものだ。

この情報を入手したバラエティ紙によると、『バイオハザード』のリブート企画はすでに進行中で、従来通りコンスタンティン・フィルムが製作を手がけるという。おそらくモスコウィッツ氏が引き続きプロデューサーを務めるものとみられるが、リブート版の監督や俳優は現時点で不明。これまでの『バイオハザード』シリーズの設定をすべてリセットしての完全リブートになるのか、それとも物語の時系列を変更しての“事実上の続編もしくは前日譚”となるのかも不明だ。

実写映画版『バイオハザード』は2002年に第1作が製作・公開され、その後もコンスタントに続編が製作されつづけて、2016年(日本公開年)に『バイオハザード:ザ・ファイナル』で全6作が完結したばかり。6作中4作を監督し、全作品の脚本を執筆したポール・W・S・アンダーソン、そして主演のミラ・ジョヴォヴィッチがリブート版に何らかの形で関与するかどうかはわからない。

Source: http://variety.com/2017/film/news/resident-evil-reboot-cannes-film-festival-1202439086/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/バイオハザード-Blu-ray-ミラ-ジョヴォヴィッチ/dp/B001HAM9SS/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly