“ロック様”ドウェイン・ジョンソン演じるブラックアダム、DCエクステンデッド・ユニバースで単独映画化へ

DCエクステンデッド・ユニバースにて映画化予定の、少年ビリー・バットソンが魔法で変身するヒーロー、シャザムのヴィランであるブラックアダム。かねてより噂されていた彼の単独映画が、同役を演じる“ロック様”ドウェイン・ジョンソンの発言によって確定しました。

DC映画『シャザム』でロック様が演じるヴィラン、ブラックアダムとは?

ドウェイン・ジョンソンはMTVへ「ジェフ・ジョンズとDCについて素晴らしいディスカッションをしたよ。今のDCは本当に楽しくてクールだ。彼らは新たな世界を作ろうとしているからね」と語ってくれました。

またジョンソンは、サプライズがあると前置きしてから「ブラックアダムの単独映画の脚本を作ることを決めたよ。シャザムも同じく単独映画だ。まずはそうやって世界観を作ってから、しかるべき時に共演できるようになるんだ」と明言しました。

ジョンソンがブラックアダムをいたく気に入っていることはすでに本人の口から語られており、Instagramに投稿されたビデオでも「DCの原作においてブラックアダムはヴィランだが、ある人にとってはアンチヒーローにもなる。俺のような暗い心を持つ者にとっては」と自ら解説しています。

またDCヴィラン全体についても「DCのヴィラン達はいつも俺のヒーローだった。ワルな彼らは今も昔も俺のお気に入りだ。ルーサー、ジョーカー、ブレイニアック、シネストロのようなヴィランがね。もちろん冷酷なブラックアダムもそうだ。ブラックアダムを世界に伝えるために、クールでワルで楽しい計画をDCと練っている」と熱弁しました。

Instagramに投稿されたビデオには、ブラックアダムとヒーローチーム「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ」のやりとりや、彼の過去を描いたコミック『JSA』のほか、彼の栄光と絶望を描いた『52』のイラストが確認できます。ジョンソンは、これらの作品で描かれたブラックアダムに多大な影響を受けたのかもしれません。

ブラックアダムは、苦悩するヒーローと過激なヴィランの両面を持ち合わせたキャラクター。二つの面を魅せてからシャザムと共演するというプランには、DCとジョンソンが、そのキャラクターに多大なポテンシャルを見出していることがわかります。

DC映画『シャザム!』が二作に分割か?前代未聞のヴィラン単独映画『ブラックアダム』実現なるか

Source: http://www.mtv.com/news/3001670/the-rock-black-adam-movie-dc/
Eyecatch Image: http://www.dccomics.com/characters/black-adam
© DC COMICS. ALL RIGHTS RESERVED.

About the author

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。

ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。

好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル

好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン)

 

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。