Menu
(0)

Search

マーベル『ブラック・ウィドウ』単独映画、撮影準備が進行中 ─ 新脚本家起用、2019年中頃にも撮影か

『アベンジャーズ』ブラック・ウィドウ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・コミック原作、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウを主人公とする単独映画(タイトル未定)の撮影準備が着々と進行しているようだ。

アイアンマン2』(2010)に初登場したナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウは、元KGBのスパイにして、高い戦闘技術と知性を併せ持つエージェント。過酷な訓練を積んできたことは示唆されているものの、一人の人物としての過去は謎に包まれたままだ。ファン待望の単独映画がそのオリジン(起源)を描くのか、それとも『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)以降の物語となるのかは判明していない。

単独映画で脚本を執筆するのは、『キャプテン・マーベル』(2019年3月15日公開)でマーベル・シネマティック・ユニバースに初参加となったジャック・スカエファー。ディズニーの新映像配信サービス「Disney+」で発表される、スカーレット・ウィッチ&ヴィジョンのスピンオフドラマでは製作総指揮・脚本を兼任する。そのほか、『アナと雪の女王/家族の思い出』(2018)やアン・ハサウェイ主演のコメディ映画『The Hustle(原題)』(2019)も執筆した。

また米Colliderによれば、このたび新たな脚本家としてネッド・ベンソンが起用されたとのこと。ジェームズ・マカヴォイ&ジェシカ・チャステイン主演の恋愛映画『ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情』(2014)で脚本・監督を務めた人物で、マーベル幹部が同作を評価したことが起用のきっかけとなったとされている。

監督を務めるのは、『さよなら、アドルフ』(2012)『ベルリン・シンドローム』(2017)のケイト・ショートランド。米国の業界紙Production Weeklyが伝えたところによると、撮影は2019年6月にイギリスで開始され、9月ごろに完了する予定だという。ただし撮影スケジュールには変動が生じることも多く、必ずしもこの限りではないことにご留意いただきたい。

2019年2月現在、マーベル・スタジオは『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降の作品ラインナップを正式には発表しておらず、本作もまた例外ではない。2019年7月に開催されるサンディエゴ・コミコンにて発表されるとの見立てもあるが、同社の戦略は現時点で予測不可能だ。ちなみにケヴィン・ファイギ社長は、来たる『キャプテン・マーベル』が、多数の女性ヒーロー映画の皮切りとなることを示唆している。同作に続くのがブラック・ウィドウとなるのか、それとも…?

ブラック・ウィドウの単独映画(タイトル未定)の公開時期は未定

Sources: Collider, WGTC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly