Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』予告編&ティザーポスターが公開 ─ 舞台は『シビル・ウォー』直後、スカーレット・ヨハンソン主演

(c)2019 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「フェイズ4」開幕を飾る、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの単独映画『ブラック・ウィドウ』予告編とティザーポスターが公開された。


「かつての私には何もなかった。だけど、私はこの仕事を手にした。この家族を手に入れた。けれど、永遠に続くものなんて何もない」。ファン待望の単独映画の予告編は、ナターシャの独白から始まる。

鏡に映る顔を見つめて、ナターシャが思い出すのは、かつての自分と、クリント・バートン/ホークアイやニック・フューリーといった仲間たちの表情だ。『ブラック・ウィドウ』の物語は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でアベンジャーズが分裂に追い込まれた直後が舞台となる。今回の映像では、本作仕様のマーベル・スタジオロゴにも注目だ。

「急いで発たねばならないと聞いたぞ」。ナターシャに語りかけるのは、ウィリアム・ハート演じるサディアス・“サンダーボルト”・ロス長官だ。「このごろ大変なので」と答えるナターシャに、サディアスは「それで、何をするつもりなんだ?」と問う。するとナターシャは、「いろんな人生を生きてきましたが、自分の過去から逃げるのは止めたんです」

銃を構えたまま洋館に入っていくナターシャは、「あなたがいるのは分かってる」という女性の声に、「私もあなたがいるのは分かってる」と答えた。「それじゃ、大人同士の話でもする?」。次の瞬間、ナターシャの前に現れたのはイェレナだった。「私たちが?」。イェレナが答えると、2人は激しい格闘に突入する。銃をつかみ、拳をふるい、ナイフで切りかかるのだ。イェレナが倒れると、ナターシャは「会えてうれしい、“妹”に」と一言。すると、イェレナは「どうして家に帰るの?」と尋ねた。コミックにはイェレナ・ベロワというキャラクターが存在するが、彼女は“2代目ブラック・ウィドウ”と呼ばれる人物。映画版ではどのように解釈されているのか、ナターシャとの物語がどう展開するかが大きな見どころとなる。

画面に次々と映し出されるのは、煙の上がる平野、建物の屋上、高く建てられたポール、何かを監視しているらしいモニタールーム、ヘリコプターが飛ぶ背後には雪山、ヘリから橋上に飛び降りるナターシャ、そして訓練に励むスパイたち。ナターシャがそれぞれに特徴的なスーツを着用するところも見落とせない。

「私たちには終わっていない仕事がある。すべてが始まった場所に戻らないと」。車から上半身だけ出し、弓を引く人物はコミックの有名ヴィラン・タスクマスター(他者の能力をコピーするパワーを持つ)だと思われるが、その正体は何者か。ナターシャは「確かなことがひとつある。これはとんでもない再会になるってこと」と口にする。

そして、かつてナターシャと関係があったらしい女性メリーナと、男性アレクセイが登場する。アレクセイは“ソ連版キャプテン・アメリカ”というべきレッド・ガーディアンのスーツを身にまとい、笑いながら「まだ着られるぞ」と一言。「家族の仲直りだな」とアレクセイが言うと、イェレナは目をそむけ、メリーナは「あなたは太った」。ナターシャは笑顔を浮かべ、アレクセイの顔を覗き込む。コミックのアレクセイはブラック・ウィドウの元夫という設定だが、予告編を見るかぎり、家族構成としては“父親”にあたる人物とみられる。

黒いスーツの男と格闘するアレクセイ/レッド・ガーディアン、ヘリから攻撃を仕掛けるイェレナ、そして高所から真っ逆さまに飛び降りていくナターシャと、その命を狙う素顔の見えない集団。ナターシャはなぜ“家族”のもとに戻ったのか、彼らの狙いは何か。そしてタスクマスターらしきヴィランの集団は何をたくらんでいるのか。物語の中身は、まだ明らかにされていない。

(c)2019 MARVEL

ナターシャの妹分イェレナを演じるのは『ファイティング・ファミリー』『ミッドサマー』の新鋭フローレンス・ピュー。アレクセイ/レッド・ガーディアン役を「ストレンジャー・シングス」『ヘルボーイ』(2019)のデヴィッド・ハーバー、メリーナ役を『女王陛下のお気に入り』(2018)のレイチェル・ワイズが演じる。なお、ナターシャの旧知であるメイソン役として「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(2017-)O・T・ファグベンルが登場。MCUからサンダーボルト・ロス長官が登場することは今回の映像で初めて明らかになった。

監督は『さよなら、アドルフ』(2012)『ベルリン・シンドローム』(2017)のケイト・ショートランド。脚本は『キャプテン・マーベル』(2018)ジャック・スカエファーと『ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情』(2014)ネッド・ベンソンが執筆した。

映画『ブラック・ウィドウ』は2020年5月1日(金)日米同時公開

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly