Menu
(0)

Search

MCU版『ブレイド』に新キャスト、スパイク・リー作品の常連俳優が参加へ ─ 2022年夏、撮影開始へ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画ブレイド(原題:Blade)』に、主演のマハーシャラ・アリに次ぐキャスティング情報が到着している。『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)などで知られるデルロイ・リンドーが出演することがわかった

本作は、人間と吸血鬼のハーフである、黒人ヴァンパイア・ハンターの活躍を描いた『ブレイド』3部作のリブート版として製作されているMCUの新作映画。オリジナル版ではウェズリー・スナイプスが演じたブレイド役には、『ムーンライト』(2016)と『グリーンブック』(2018)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリが起用されている。

このたびMCUに参加することが発表されたデルロイ・リンドーは、英ロンドン出身の俳優。1970年代からキャリアをスタートさせ、『マルコムX』(1992)や『クルックリン』(1994)『ザ・ファイブ・ブラッズ』など、スパイク・リー監督作品への出演で知られる。直近では、ジェイ・Zプロデュースの映画『ザ・ハーダー・ゼイ・フォール:報復の荒野』(2021)に出演した。米The Hollywood Reporterによれば、リンドーは出演交渉の最終段階にあるというが、その一方で米Deadlineは「米ディズニーがリンドーの出演を認めた」と報じている。いずれにせよ、リンドーの『ブレイド』出演は確実だろう。なお、『ブレイド』でリンドーが演じる役どころは明かされていない。

Delory Lindo デルロイ・リンドー
Photo by Mike Wooldridgehttps://commons.wikimedia.org/wiki/File:Delroy_Lindo.jpg

MCUの最新作『エターナルズ』の公開後、ファンの間では『ブレイド』への注目が高まっているが、現在はプリプロダクション(撮影前準備)にある模様。撮影は、2022年夏後半より開始が見込まれているといい、リンドーに続くキャスティング情報にも期待できそうだ。

監督は、『シュガーランドの亡霊たち』(2019)や『Mogul Mowgli(原題)』(2020)などで注目を浴びるパキスタン出身の気鋭バッサム・ターリク監督。脚本には、「ウォッチメン」(2019)のステイシー・オセイ・クフォーが就任している。

Source:THR,Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly