Menu
(0)

Search

『ブレードランナー 2049』上映時間は2時間43分!前作より46分の増量へ

ブレードランナー 2049

1982年、リドリー・スコット監督による伝説のSF映画『ブレードランナー』から35年。続編『ブレードランナー 2049』はオリジナル版よりも大幅にボリュームアップして登場することになりそうだ。米バラエティ誌ほか複数のメディアが、本作の上映時間が判明したと報じている。

Colliderは、2017年7月の「サンディエゴ・コミコン2017」にてドゥニ・ヴィルヌーヴ監督への取材を実施し、そこで『ブレードランナー 2049』の本編が2時間30分を超えるという情報を入手していた。それから約1ヶ月が経った8月30日(現地時間)、本編分数が2時間32分になったことが公式に判明したという。
以下はColliderの編集長を務めるスティーブン・ワインストローブ氏のツイートだが、ここには「エンドクレジット抜きで」という注釈が添えられている。

一方、米バラエティ誌はさらなる情報を伝えている。いわく『ブレードランナー 2049』のエンドクレジットは11分間のため、総上映時間は2時間43分だというのである。前作『ブレードランナー』のファイナル・カット版が1時間57分だったことを考えると、実に46分もの増量を経ての登場だ。

ハリウッドの大作映画で160分を超えるケースは珍しく、たとえば『インターステラー』(2014)が2時間49分、『ヘイトフル・エイト』(2015)が2時間47分という長尺だった。ごく最近の例でいえば、本作は『沈黙 -サイレンス-』(2016)の2時間41分をしのぐ上映時間となる。

映画『ブレードランナー 2049』は2017年10月27日より全国ロードショー

Sources:?http://variety.com/2017/film/news/blade-runner-2049-running-time-1202543171/
http://collider.com/blade-runner-2049-running-time/
http://www.indiewire.com/2017/08/blade-runner-2049-runtime-denis-villenueve-1201871091/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly