Menu
(0)

Search

『ブレードランナー』起源を描くコミックシリーズ、米出版へ ─ 第1作目から10年前の2009年が舞台、謎の死体事件の真相を探る

ブレードランナー ファイナル・カット
Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

SF映画の金字塔『ブレードランナー(1982)の起源を描くコミックシリーズ『Blade Runner:Origins(原題)』が、2021年2月24日に米国出版・配信されることが決定した。米The hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

映画『ブレードランナー』は、フィリップ・K・ディックの傑作小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、ハリソン・フォード主演&リドリー・スコット監督で製作された。前日談を描く今回の作品では、第1作目の時代背景から遡ること10年、2009年を舞台にした物語が展開される。ロサンゼルス市警察の刑事カルが、謎の死を遂げながらも自殺と断定された科学者の死の真相を探ることに……。

Titan Comicsが出版を務める本作で原作を手掛けたのは、『スーパーガール』K・パーキンズ、『Blade Runner 2019(原題)』マイク・ジョンソン、『American Gods(原題)』メロウ・ブラウン。本作で作画を担当しているフェルナンド・ダグニーノは、リドリー・スコット監督『ブレードランナー』について、「この傑作映画で生み出されたサイバー・ノワールの世界は、子供の頃から私の想像力を構築するものでした」としながら、本作への思いを明かしている。

「アーティストとして、暗く複雑な作品の物語を拡大できることや、その歴史の一部となり、素晴らしい製作陣と共に独創的な前日談を描けることが光栄でなりません。物語の起源を紐解くだけでなく、[中略]現代における対立と懸念についても描かれます。」

『Blade Runner:Origins(原題)』は、2021年2月24日に米国出版・配信開始。

Source: The hollywood ReporterFernando Dagnino

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly