Menu
(0)

Search

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』ゲーム化 ─ 伝説のホラー映画、狂気ホラーの名手によって復活

https://www.youtube.com/watch?v=RhaDPDf-xsM スクリーンショット

1999年製作、伝説のフェイクドキュメンタリー・ホラー映画ブレア・ウィッチ・プロジェクトが、20年の時を経てゲームとして帰ってくる。

映画版の続編『ブレアウィッチ2』(2000)、2016年製作『ブレア・ウィッチ』を経て登場するXbox One/PC用ゲーム『Blair Witch』は、物語の舞台はもちろん、主人公の目線で物語が展開するという最大の特徴を継承した“本気のサイコロジック・ホラーゲーム”だ。

1996年、メリーランド州バーキッツヴィルにあるブラック・ヒルズの森にて少年が失踪した。過去に問題を抱えた元警官のエリスは少年の行方を追ってブラック・ヒルズに入っていくが、ありふれたものだったはずの捜査は、やがて恐怖の連鎖へと繋がっていく。

本作は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』からインスパイアされた、映画とは異なる新たなストーリーが描かれる、“ゲームそのものがプレイヤーの恐怖やストレスを学んでいく”というサイコホラー。プレイヤーは主人公エリスを操作してブラック・ヒルズの森に入っていき、プレッシャーや危険に直面する中で自分自身を知ることになっていくのだ。エリスの過去には何があったのか、時間と空間が歪んだ森の中でプレイヤーは何を目撃するのか……。

ゲーム版の製作を手がけるのは、一人称視点のホラーゲームとして世界的人気を誇る『レイヤーズ・オブ・フィアー』(Layers of Fear)シリーズのBloober Team。狂気にあふれたサイコホラーの傑作を送り出してきた製作チームが、今度は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の世界観で新たな恐怖を生み出す。

ゲーム『Blair Witch』は2019年8月30日、Xbox One/PCで発売

『Blair Witch』公式サイト:https://blairwitchgame.com/

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly