Menu
(0)

Search

アナ・デ・アルマスがマリリン・モンロー役に変貌、『ブロンド』予告編が公開 ─ 伝説の俳優、輝かしい名声と素顔に迫る

ブロンド
Netflix映画『ブロンド』は、2022年9月28日(水)より独占配信。

『ブレードランナー 2049』(2017)『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)『グレイマン』(2022)など、映画界で最も注目される俳優のひとりアナ・デ・アルマス。マリリン・モンロー役を演じる主演最新作、Netflix映画『ブロンド』よりついに予告編が公開された。

ジョイス・キャロル・オーツによる『ブロンド マリリン・モンローの生涯』(講談社刊)を映画化する本作は、ノーマ・ジーンとしての不安定な幼少期から、“マリリン・モンロー”という女優として成功を収めるさまや、さまざまな複雑な恋愛などに至るまで、フィクションと事実の境界線にとらわれることなく紐解く物語だ。

公私で見せる姿を変えていたと言われるマリリン・モンロー。このたび公開された予告編では、「マリリンは実在しない」「カメラが回ってても、私はノーマ」「マリリン・モンローはスクリーンにしか存在しない」と、アナ・デ・アルマスふんするノーマ・ジーンが記者に対して思いを打ち明ける姿が描かれている。

さらには、ノーマが大女優として活躍する一方で、その輝かしい名声の影に隠された苦しみに必死に耐えるような姿や、私生活などが登場。ノーマの生涯を大胆に描き直すことで、彼女の素顔に迫っていく。そのビジュアルはもちろん、アルマスのマリリン・モンローことノーマ・ジーンを完璧なまでに演じ切る様子に視線を奪われる予告編となっている。共演者であるエイドリアン・ブロディからは、アルマスのパフォーマンスについて「とてつもなく素晴らしいです。マリリン役として、ノーマ・ジーン役として本当に魅力的で。とにかく心を奪われました」と絶賛されていた

第79回ヴェネツィア国際映画祭(2022年8月31日〜9月10日開催)、コンペティション部門に正式出品された本作。脚本・監督を務めたのは、『ジャッキー・コーガン』(2012)のアンドリュー・ドミニクだ。

Netflix映画『ブロンド』は、2022年9月28日(水)より独占配信開始。以前までは、9月23日(金)配信と伝えられていた

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly