Menu
(0)

Search

『クリード』第3作の米公開が2023年3月3日へ延期 ─ 既に撮影は終了

クリード 炎の宿敵
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

シルベスター・スタローン主演『ロッキー』シリーズの新章、映画『クリード』シリーズ第3作『Creed Ⅲ(原題)』の米国公開日が延期になった。米Varietyが報じている。

2022年11月23日に米国公開される予定だった第3作は、2023年3月3日にリリース日が変更に。この延期により、続編はロールプレイング・ゲーム『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の実写版映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』とオープニング週末を争うことになる。

『クリード』シリーズは、ロッキー・バルボアの親友だったアポロ・クリードを父に持つアドニス・クリードが、ロッキーの指導の下で過酷なトレーニングを積み、ボクサーとして成長していく姿が描かれる。第3作には、ロッキー役のシルベスター・スタローンは復帰しないことが判明済みだ。

アドニス役で続投するマイケル・B・ジョーダンが監督デビューを飾り、2022年2月に開始された撮影はすでに終了している。脚本は、プロデューサーのライアン・クーグラーの概案を基に、『ドリームプラン』(2021)のザック・ベイリンと、『スペース・プレイヤーズ』(2021)のキーナン・クーグラーが執筆。

続編のストーリーに関する情報は依然として不明だが、以前にジョーダンが、「これからもロッキーの要素が常に少し存在し続けるでしょう。ただ、これはあくまでも『クリード』シリーズであり、アドニスが前に進む物語と世界を作っていきたいと考えています」と述べていた。

第3作にはジョーダンに加え、アドニスの妻ビアンカ役のテッサ・トンプソン、アドニスの育ての母親メアリー役のフィリシア・ラシャドが続投。新キャストとして、アドニスが対立する新たな敵として、『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)「ロキ」(2021)のジョナサン・メジャースが起用されている。

『Creed Ⅲ(原題)』は2023年3月3日に米国公開予定。なお同シリーズからは、ドルフ・ラングレンが演じたイワン・ドラゴを描くスピンオフ企画も進行中

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly