Menu
(0)

Search

救急搬送されたボブ・オデンカーク、容体は安定 ─ 原因は「心臓に関係したもの」

ボブ・オデンカーク Bob Odenkirk
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43555583562/

2021年7月27日(現地時間)、「ブレイキング・バッド」(2008-2013)『Mr.ノーバディ』(2021)などのボブ・オデンカークが、「ベター・コール・ソウル」(2015-)シーズン6/ファイナルシーズンの撮影現場で倒れ、救急搬送されたと報じられた。容体は不明とされていたが、このたびオデンカークの代理人が容体は安定していることを報告。米Deadlineなどを通じて伝えられた代理人の声明文によると、ニューメキシコの撮影現場で倒れてしまった原因は「心臓に関係したもの」だという。

「ボブと彼の家族は、治療に当たっている素晴らしい医者や看護師たち、そして彼のそばにいてくれるキャスト、スタッフ、プロデューサーに感謝の意を表したいと思います。またオデンカーク家は、多くの方々から寄せられた励ましの言葉に感謝するとともに、ボブが回復に専念できるよう、プライバシーを守っていただきたいと考えています。」

その後、オデンカークの息子もまた、Twitterにて「大丈夫だと思います」と投稿している。なおオデンカークの容体が判明する前には、「ブレイキング・バッド」での共演者、ブライアン・クランストンアーロン・ポールが心配と励ましの言葉を送っていた。

「ベター・コール・ソウル」はシーズン6で完結を迎える予定で、全13話構成で2022年に配信予定。コロナ禍の影響を受け、2021年3月より撮影が開始されていたが、再開時期については本記事時点では不明。オデンカークが回復するまでは中断されると可能性が高いと思われるが、製作側からの発表はなされていない。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly