Menu
(0)

Search

『ボヘミアン・ラプソディ』ブライアン・メイお気に入りのシーン、削除される可能性があった ─ 「すごくフレディらしい演技だった」

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

伝説のバンド、クイーンとフレディ・マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、劇場公開から1ヶ月を経てもなお強烈な人気を示している。
この映画で主演を務め、見事なパフォーマンスでアカデミー賞ノミネートの声もささやかれているのがラミ・マレック。クイーンのメンバーであり、映画の音楽総指揮を担当したブライアン・メイもその演技には驚かされたという。

Louderのインタビューで、メイは『ボヘミアン・ラプソディ』の制作秘話を語っている。本編でメイが特に気に入ったシーンは、あわや削除されてしまうところだったのだ。その場面こそ、メイがマレックの演技を見て本当に驚かされた箇所だったという。

この記事では、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の内容に言及しています。

ボヘミアン・ラプソディ
ワールド・プレミアにて(ブライアン・メイは左から2人目) © 2018 Twentieth Century Fox

「すごくフレディらしいと思った」

『ボヘミアン・ラプソディ』の劇中、メイがマレックのシーンで一番気に入っているのは「フレディが勇気を振り絞って、ソロアルバムを作ると僕たちに話すところ」だという。しかしこの場面は、スタジオ側の要求によってカットされる可能性があった。

「あのシーンは映画から危うくカットされてしまうところでした。ちょっとした秘密ですが、もっと(上映時間を)短くしろという要求が常にあって。でも残してもらうよう、僕たちは戦いました。あのシーンのリアリズムには、本当に胸が張り裂ける思いがしたんですよ。あれは僕たちにとって辛い出来事だったんです、フレディが家族を見捨てるようなものでね。」

ここで、メイは「リアリズム」という言葉を使っている。このシーンでマレックが見せた演技には、メイをしてフレディ・マーキュリー本人を思わせるところがあったというのだ。

「素晴らしい演技でしたね。あれはほとんど脚本に書かれていないんですよ。あの場面を観て、すごくフレディらしいなと思いました。彼は静かに話して、タバコを吹かせて、あまり言葉にはしたがらない。最後には言葉にするんですが、それもあらかじめきちんと準備しておいたものなんです。でも、彼が不安を抱えているのはわかるんですよね。」

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

「フレディはこの映画を好きになると思いますか?」という問いかけに、メイは「そう思います」と答えた。

「きっと、彼は“とうとう捕まっちゃったな”って思ったはずですよ。(映画では)フレディの偉大なところや間違いやすいところ、不安な部分まで、すべてがまるごと描かれています。彼のことがそのまま、持ち上げることなく描かれているんです。それでいて、彼の才能はきちんと理解されている。
つまり、フレディには自分が唯一無二だという自信があったんですよ。後にも先にも、僕は人生でフレディのような人には会ったことがありません。きっと、もう二度と出会わないと思います。」

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は2018年11月9日(金)より全国の映画館にて公開中。

『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Source: Louder

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly