Menu
(0)

Search

『ボヘミアン・ラプソディ』完全再現の「ライヴエイド」制作秘話 ─ 成功導いたクイーンと2万人のファン

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation, Regency Entertainment (USA), Inc. and TSG Entertainment | Finance LLC in the U.S. only. © 2018 Twentieth Century

1985年7月13日。ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された20世紀最大のチャリティーコンサート「ライヴエイド」。ザ・フー、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー……錚々たるアーティストが集結したこの伝説のコンサートの一部が、フレディ・マーキュリーとバンド「クイーン」の絆を描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)で完全再現されたことは記憶に新しい。

ライヴエイドには、72,000人の観客が集結。世界84カ国で同時衛星中継が行われた。なかでもクイーンは、メンバー間のすれ違いなどによりバンド活動を一時中断していたにもかかわらず、21分というわずかなひとときで、世界中のファンの心を一つにする圧巻のパフォーマンスを披露した。映像こそ残ってはいるが、30年以上も前のライブを完全再現するという至難の業をやってのけた『ボヘミアン・ラプソディ』。本記事では、本作に携わった製作陣やキャストが、実現に至るまでに経験した制作秘話を紹介していきたい。

初対面でライヴエイド撮影、意気投合した役者4人

『ボヘミアン・ラプソディ』終盤のライヴエイドでは、バラバラだったクイーンのメンバーたちが再び一つとなる姿が描かれた。感動がクライマックスに達するシークエンスとなったが、撮影自体はクランクイン後真っ先に実施されていた。

初日の様子について、ブライアン・メイ役のグウィリム・リーは「ステージを駆け回って、恐怖やアドレナリンでいっぱいでした。すごくリアルだった」と米Digital Spyにて振り返る。劇中では、出会いからデビュー、仲違い、再結成まで、バンドが経た複雑な変化を表現したフレディ・マーキュリー役のラミ・マレック、ロジャー・テイラー役のベン・ハーディ、ジョン・ディーコン役のジョゼフ・マゼロ、そしてブライアン・メイ役のリーの4人。彼らは、ほぼ初対面でライヴエイドの撮影に挑んでいたのだ。「ああいった状況では、沈むか泳ぐか。厳しい試練でした」とリー。「けど、それが僕たちを1つにしたんです」。

撮影監督を務めたニュートン・トーマス・サイジェルも「最も難しくて最も重要な瞬間のものから撮影を始めるなんてクレイジーでした」と、その挑戦を振り返る。一方で、そういった極限状況のおかげで功を奏したこともあったようだ。「キャストが早くから一緒になって、化学反応を起こす助けにもなりましたね」とサイジェル。「私は、彼らが撮影前3日間のリハーサルに取り組む姿を見ていました。お互いに知らなかったはずなのに、4人の男たちは本当に意気投合したんです。ロックンロールバンドがそうなるみたいに」。

劇中では、ライブの様子を舞台袖で見守っていたフレディの元婚約者メアリー役のルーシー・ボイントンも、「その日が共演の俳優さんたち全員と初の顔合わせでした」と、ライヴエイド撮影時を顧みる。4人のパフォーマンスを目の当たりにしたボイントンは、その完成度に舌を巻いた模様。「彼らがやっていたこと、そして映画全体に繋がっていくことになる(再現の)クオリティにもお目にかかりました」と、現場で感じた当時の興奮を伝えている。

元々の演技力が高いことに加え、クイーンを限りなく再現した4人なだけあり、劇中では初対面であることなど全く感じさせない息ピッタリなパフォーマンスが見られる。しかし、フレディ役のラミ・マレックによれば、生のアドレナリンを出すためには、30年前に本物のクイーンが経験した21分間を生身で味わわなければならかったという。米Colliderのインタビューではこんなことが語られている。

「ライヴエイドは1日目に撮ったんですけど、僕たちはこのシークエンスに登場する全曲を、コンサート全体を、その週の最終日まで一緒にやりきりました。そこで僕たちは最高のものを感じたんです。彼らの興奮状態と同じものを感じるためには、一つの曲からまた次の曲へ、という風に進める必要があったんです。そこにはクイーンのファンもいらっしゃって、そんな象徴的なコンサートを再現するんですから。想像もできないような興奮状態ですよ。」

もっとも、撮影監督のナイジェルが語っていたように「最も難しい」シークエンスから開始された撮影には、当初キャストのなかで不満の声も上がっていたのだとか。これを証言するのは、プロデューサーのグレアム・キング。「ライヴエイドに始まった撮影は狂気の沙汰でした」と語っている

「一番むずかしいところから始めるなんて、なかなかのものでしたね。彼らは『ライヴエイド』が撮影第1週であることをよく思っていませんでした。最初に足を濡らしてから(=いきなり飛び込むのではなく)、作り上げたかったんでしょうね。けれど、イギリスでの天候の問題もあって、ライヴエイドは先に済ませておきたかったんです。スケジュールが変わらず、彼らも受け入れるようになると、“よし、やってやろう。ライヴエイドで、フレディの人生と音楽を祝福しようじゃないか”って感じになってくれました。」

ボヘミアン・ラプソディ
(C)︎2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

完全再現に向けた撮影・音響チームの奔走

ウェンブリー・スタジアムで行われたライヴエイドの完全再現にあたっては、ロンドン郊外にあるボヴィンドン空軍基地に、ステージセットのレプリカが建造された。ウェンブリー・スタジアムで実施できなかった理由について、サイジェルは「ライヴエイド以来、ウェンブリーは広範囲にわたって改築されてますから」と米Varietyに語っている。ライヴエイドの“チャリティ”という趣旨ゆえに、ステージの建設だけでも多くの配慮が行われたという。その配慮の一つがステージの外観だ。「ライヴエイドの目的自体が寄付を募るためでしたから、現在のステージや照明機器のようにきらびやかで派手なものではなかったです。華やかな演出にはお金をかけないようにして」。そのため、製作陣がより力を注いだのが、パフォーマンスだった。サイジェルは「バンドと音楽により焦点を絞りました」と語っている。

ライヴエイドでのクイーンのパフォーマンスを象徴するものといえば、「RADIO GA GA」や「We Will Rock You」に代表されるような観客との一体感。劇中では、ウェンブリー・スタジアムの熱気が一望できる空撮ショットが組み込まれているが、これはサイジェル率いる撮影チームが前もって設けていた準備期間によって生まれたものだ。「観客のショットはクレーンとCGの組み合わせを使いました」と話すサイジェル。「その後に、クイーンのパフォーマンスの再現を1週間通して撮影しました。ぎゅうぎゅうで力強く、“ライヴエイドを乗っ取った”と誰もが口を揃えて言ったあのショーをです」。

撮影チームの役割が視覚的な再現に尽力することであれば、音響チームの役割は聴覚的な再現に全力を注ぐこと。米Los Angles Timesの取材では、音楽エディターのジョン・ワーハーストと、サウンドミキサーのポール・マッセイが当時の取り組みを振り返っている。「“視覚効果チームがいかにしてコンサートを完全に再現したいか”を聞いた会議がありました」と記憶をたどるワーハーストは、「私たちも観客のオーディオ全てを再現する必要がある」と、視覚効果チームから感化されたことを明かしている。「ライヴエイドのオーディエンスのシーンを、現場に行って録音することなんてできないですからね」。

オーディエンスの歓声や熱気の再現のためには、当時のデータが残っていたというが、ワーハーストによれば「ドルビー・アトモスの映画体験で再現するには不十分だった」という。それでは、どのような手段を用いて再現を試みたというのだろう。マッセイは以下のように語る。

「私たちは幸運に恵まれました。クイーンがO2アリーナで行っていた数時間の演奏をなんとか入手することができたんです。エンジニア担当が音響機器をフルレベルに整えて必要な全曲を流しました。(セットの)アリーナ中にマイクが設置されていたので、スタジアムのセット内で求められるスケール感や距離感とかを把握しながら、いかようにもファイナルミックスを使うことが出来ました。」

製作を支えたクイーンと2万人のファン

クイーンの実際のライブ音源を使用することで、観客のリアルな反応が引き出されたわけだが、ライヴエイドを再現するにあたり、とりわけ苦戦した1曲があった。観客を巻き込んだパフォーマンスで有名な「We Will Rock You」だ。マッセイによれば「しっかりした“ズン・ズン・チャ”という音が手に入られなかった」といい、スタジオでの録音も試されたそうだが、求めていたレベルには到底達しなかった。(※ライヴエイドでの同曲のパフォーマンスは、劇場公開版からはカットされている。)

「We Will Rock You」が作り出す臨場感について、「映画館で本当に感じてほしかったんです」とマッセイは思い起こす。困難を強いられたそんな音響チームに、ここで救いの手を差し伸べたのが、クイーンのギタリストにして、『ボヘミアン・ラプソディ』に製作として参加したブライアン・メイと、クイーンのファンだった。マッセイは以下に続ける。

「すごくラッキーだったんですけど、クイーンがちょうどツアーに出ていて、ブライアン・メイがコンサート中に“足踏み、足踏み、クラップ”を(ファンに)やってもらったんです。この映画でお聞きになっているものは、私たちを助けてくれた2万人のクイーンファンが奏でる音なんですよ。」

このほかクイーンは、大量のアーカイブや当時録音された「ボヘミアン・ラプソディ」のオリジナル音源、シングル曲として日の目を見ることがなかった未使用音源を提供するなど、本作に必要な支援を惜しみなく行った。撮影・音響チームはクイーンの協力を得ながらも、先の通り初日から行われる予定だったライヴエイドの撮影に向けて、急ピッチかつ完璧に準備を整えなければならなかった。このような苦労を乗り越えて迎えた初日には、彼らの喜びもひとしおだったようだ。ワーハーストは、当時抱いた感情を鮮明に思い起こす。

「(撮影が)始まるや、私たち全員はコンサートにいるような気分になりました。全員に幸福感をもたらしたんです。それからラミが声を限りに力強く歌って、私たちはそれを全て録音していました。彼がどれだけ素晴らしいパフォーマンスをしたことか。[中略]2週間が経とうとしていた頃には、彼の声はほとんど枯れていましたよ!」

Source: Digital Spy,Collider,Express,Variety,Los Angles Times

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly