Menu
(0)

Search

『僕のワンダフル・ジャーニー』生まれ変わったベイリーがイーサンの孫娘CJを見つける ─ 『僕のワンダフル・ライフ』のその後

僕のワンダフル・ジャーニー
© 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

もしも、かつて愛した犬や猫たちが、自分にもう一度会うために、生まれ変わってきてくれたなら── 何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主イーサンが紡ぐ極上のラブストーリーが大きな感動を呼び、日本でもスマッシュヒットを飛ばした『僕のワンダフル・ライフ』(2017)から2年。待望の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』が、2019年9月13日より日本公開となる。

前作で、50年で3回も生まれ変わり、最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)との再会を果たした犬のベイリー。続編となる今作でもその “犬生”が終わりを迎え、再びイーサンに別れを告げようとしたベイリーに、「孫娘のCJを守ってほしい」という新たな使命が与えられる。イーサンや妻ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)とうまくいかなくなったママのグロリア(ベティ・ギルピン)が、突然CJを連れて出て行ってしまったのだ。少女から大人へと成長するまでの揺れる人生に寄り添うため、再び何度も生まれ変わり、CJの幸せのために奮闘するベイリー。今、ベイリーの新たな、そして素晴らしい旅が始まる。

この度、イーサンに「CJを守ってほしい」と新たな使命を与えられ生まれ変わったベイリーが、大きくなったCJ(アビー・ライダー・フォートソン)と再会し大喜びの本編映像が到着した。

この映像は、ビーグルのミックス犬“モリー”に生まれ変わったベイリーが、守るべきみんなの大切な孫娘CJに念願の再会を果たすワンシーン。「あの女の子、懐かしい匂いがするぞ。この匂いは…CJだ」と成長したCJに気づき、大興奮の猛ダッシュで飛び出したものの庭の柵を潜り抜けられないお調子者で可愛らしい一面も披露。「CJを守り抜く」というイーサンとの約束を果たすべく、CJに飛びつくと同時に顔を思い切り舐めまわす。見事運命の再会を果たしたベイリーは、CJに自分を気付いてもらい、待ち受ける様々な出来事からしっかり守り抜くことは出来るのか。

僕のワンダフル・ジャーニー
© 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

本映像でも犬の激しく真っ直ぐな愛情表現を受け止め笑顔を見せている少女のCJ役を演じたのは、映画『アントマン』シリーズで主人公スコット・ラング(ポール・ラッド)の娘キャシー・ラングを演じ、一躍注目を浴びたアビー・ライダー・フォートソン。少女が大人の女性へと成長する過程を描くために女性監督にこの物語を託したいという製作陣の希望で、前作の監督である”犬映画の名手”ラッセ・ハルストレムからバトンを受け継いだゲイル・マンキューソ監督は、「アビーはとにかく素晴らしい子役。撮影初日の彼女を見て、”すごい、11歳の子が(母親役の)ベティ・ギルピンと互角の演技を披露している!”と言ったのを覚えています。アビーはこの役にピッタリだったし、一緒にいて楽しいし、彼女も犬が好きなんですよ」と紹介。困難な状況のなかでも、自身に寄り添ってくれる可愛くてたくましい愛犬と共に成長していくCJを、持ち前の愛らしさを活かしながら繊細かつ強かに演じきったアビーの好演に注目だ。

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』は、2019年9月13日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly