Menu
(0)

Search

【プレゼント付】ボン・ジョヴィ新アルバム『2020』全曲解説 ─ 「歴史の証人として」突き動かされた一作

ボン・ジョビ(Bon Jovi)が2020年10月2日、4年ぶり15枚目のオリジナル新作アルバム『2020』をリリースする。

この記事ではアルバムの詳しい解説と共に、THE RIVERからのプレゼントとして、アルバムのタイトルが入ったオリジナルエコバッグを4名様にプレゼントする。応募は記事の最後にて。

新作『2020』には、この35年間スタジアムを沸かせ続けてきた数多くの楽曲と同様、拳を突き上げたくなるようなアンセムが満載だ。しかしながら『2020』は、現在の世界を形作っている様々な出来事の証人ともなっている。

ボン・ジョヴィ『2020』全曲解説

ジョン・ボン・ジョヴィが本作で掘り下げているのは、PTSDに苦しむ兵士(ドキュメンタリー映画『To Be of Service[原題]』で用いられた「アンブロークン[原題: Unbroken]」)や、銃による暴力(「ローワー・ザ・フラッグ[原題:Lower The Flag]」)、新型コロナウイルス感染拡大がもたらした危機(「ドゥ・ホワット・ユー・キャン[原題:Do What You Can]」)、ジョージ・フロイド氏の殺害事件(「アメリカン・レコニング[原題:American Reckoning])、我々が共有する社会的経験(「レット・イット・レイン[原題:Let It Rain]」「ブラザーズ・イン・アームズ[原題:Brothers In Arms])、政治情勢(「ブラッド・イン・ザ・ウォーター[原題:Blood in the Water]」)など、高く社会を意識した問題の数々である。

2016年にボン・ジョヴィが発表した全米NO.1アルバム『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』(原題:This House Is Not For Sale)に続く本アルバムで、ジョン・ボン・ジョヴィはジョン・シャンクスと再びタッグを組み、共同プロデュースを担当。キーボードのデヴィッド・ブライアン、ドラマーのティコ・トーレス、ベースのヒュー・マクドナルド、ギターのフィル・Xに加え、パーカッション担当のエヴェレット・ブラッドリーや、ギタリストのジョン・シャンクスといった、ツアー・バンド全員が参加している。

アルバム・タイトルは、今年、次期アメリカ大統領選挙が行われることを仄めかしており、ジャケットにあしらわれているのは、サングラスをかけたジョンがニューヨーク裁判所の前に立っている姿だ。テキサス州で聴衆に向かって演説を行う前、じっくり考え込んでいるジョン・F・ケネディ大統領のイメージから着想を得たと、ジョン・ボン・ジョヴィは語る。

これは、政治的なアルバムじゃない。でも、2020年は、自分の記憶にあるどの年とも違う。歴史の証人として、これらの曲を書かねばと突き動かされた」と、ジョン・ボン・ジョヴィ。「アーティストが授かった最大の才能とは、我々の心を動かす様々な問題について、声を上げて語れる能力のことだと信じている」。

新型コロナウイルスのパンデミックが起きる前、そしてアルバムの発売延期が決定される前にリリースされた、アルバム冒頭を飾る第一弾シングル「リミットレス」(原題: Limitless)では、バンド自身の理念に関する声明が極めて明確に打ち出されている。その「リミットレス」は、不確実な世の中においても楽観主義を失わずにいようと鼓舞する、アップビートなアンセムだ。ここでリスナーが促されているのは、“今を楽しめ、今を精一杯生きよう”ということ。誰もが「何とか溺れずに生き延びようとして」いる現代、開かれた扉を通ることを恐れてはいけない。なぜなら、今のような時代ですら、「人生に限界はない」からだ。今日のような試練の時代は、この歌詞がリスナーに直接語りかけるものであることを強く立証する場となった。

アルバム2曲目の「ドゥ・ホワット・ユー・キャン」は、ジョン・ボン・ジョヴィが自身の運営する<JBJ・ソウル・キッチン>で皿洗いをしていた際、妻のドロシアが撮影した写真について交わした会話の中から生まれた。その写真に付けるキャプションを「普段通りのことがやれない時は、今自分に出来ることをやる」にしようとジョン・ボン・ジョヴィが言ったことがきっかけで、翌日にはこの曲が誕生したのだった。この歌詞には、共にパンデミックに立ち向かうアメリカ国民の、回復力に満ちた精神が捉えられている。

3曲目の「アメリカン・レコニング」は、バンデミック中に新たに書かれた2つ目の曲。ジョージ・フロイド氏殺害の衝撃は、人々の世の中に対する見方を変えてしまった。これは、自ら声を上げて人種差別に光を当てようと、リスナーに行動を起こすことを呼び掛ける曲だ。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly