Menu
(0)

Search

『TENET テネット』出演者も「少しずつ」理解、完成版を観てようやく「なるほど、そういうことだったのね」

TENET テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

『インセプション』(2010)『インターステラー』(2014)のクリストファー・ノーラン監督最新作TENET テネット(2020)を鑑賞した者は、口を揃えて「難解」と言う。ひとつひとつ整理しながら物語を追いたいところだが、映画本編ではシーンを追うごとに更なるミステリーを帯び続けてグングンと進んでいく……。キャット役で出演のエリザベス・デビッキですら、撮影中に全体像の理解までは追いつかなかったというのだ。

TENET テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

時間の逆行、過去と未来のせめぎあい…“ひねり”の効いた物語に、デビッキは出演者としてどう取り組んだか?米Comicbook.comのインタビューに登場したデビッキは「それは全て脚本にありました」と答え、その脚本を「クリストファー・ノーランの脳内の設計図のようなもの。これまで読んだ中でも、最も激しく、複雑で、魅力的な脚本です」と表現した。

「私にとって今作の製作は、ホント正直に言いますと、文字通り“少しずつ 少しずつ”取り組みました。1分ごと進める時もありましたね。カメラが周る前に自分のバミリ(立ち位置)からクリス(ノーラン監督)のところに駆けていって、“どっちの方向ですか?”って聞くこともありました。」

デビッキは「映画を通しで観た時、なんだか初めて観るみたいな、不思議な経験をしました」と続けている。「全てのピースが繋がっているのを初めて観たから、“あぁ、なるほど、そういうことだったのね!”みたいな感じ」。出演者ですらこう話すのだから、初見の観客が困惑してもおかしくはない。『TENET テネット』は、2度、3度と繰り返しても楽しめる、奥深い作品ということだ。

デビッキが演じるキャットは、ケネス・ブラナー演じるセイターの妻で絵画の鑑定士。メインキャラクターとして、物語では重要な役割を担う。

映画『TENET テネット』は公開中。IMAX®/Dolby Cinema™/4D同時公開。

Source:Comicbook.com

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly