Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ、ジェームズ・ボンド役を卒業して恋しく思うことは?

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド役を演じる最終作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が度重なる延期を経てついに公開された。15年に渡り全身全霊を注いできた大役の務めを終えた現在、クレイグはシリーズに対してどんな想いを寄せているのだろうか?

ピアース・ブロスナンからジェームズ・ボンド役を引き継ぎ、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)をはじめ、『007 慰めの報酬』(2008)、『007 スカイフォール』(2012)、『007 スペクター』(2015)、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』までシリーズを牽引してきた英国出身の俳優、ダニエル・クレイグ。The New York Timesのインタビューにてクレイグは、『007』シリーズで恋しく思うことについて問われたところ、“チームワーク”と答えている。

「この企画が始動してから、もうすぐ5年になりますが、もどかしさを感じることや不安になることもありました。実現しないのではないかと思うこともありましたが、信じれられないほどにまでクリエイティブなプロセスだったので、それは恋しくなるでしょう。もちろん他の作品でもやりがいは感じますが、それでもボンド映画に勝るものはありません。」

『007』シリーズといえば、壮大なロケーション、スペクタクルなガンアクションやカーチェイスが魅力のひとつで、それらはいずれも大規模な撮影を伴う。このプロセスは決して簡単なことではなく、成功に導くには、キャストはもちろんのこと、監督をはじめとする製作間の連携が上手くいかなければならない。クレイグは製作陣と一致団結して、その困難を幾度に渡り乗り越えてきたのだ。

またダニエル・クレイグは、ジェームズ・ボンド役について「やり尽くしました。出来る限りのことはしました」としながらも、「彼は私のためにこれまでと同じようにそばにいます。だから、どうでしょう。明確な答えはありません」と思いを語っている。クレイグによるボンド映画最終作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は全国公開中だ。

Source:The New York Times

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly