Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ、ジェームズ・ボンド役を卒業して恋しく思うことは?

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド役を演じる最終作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が度重なる延期を経てついに公開された。15年に渡り全身全霊を注いできた大役の務めを終えた現在、クレイグはシリーズに対してどんな想いを寄せているのだろうか?

ピアース・ブロスナンからジェームズ・ボンド役を引き継ぎ、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)をはじめ、『007 慰めの報酬』(2008)、『007 スカイフォール』(2012)、『007 スペクター』(2015)、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』までシリーズを牽引してきた英国出身の俳優、ダニエル・クレイグ。The New York Timesのインタビューにてクレイグは、『007』シリーズで恋しく思うことについて問われたところ、“チームワーク”と答えている。

「この企画が始動してから、もうすぐ5年になりますが、もどかしさを感じることや不安になることもありました。実現しないのではないかと思うこともありましたが、信じれられないほどにまでクリエイティブなプロセスだったので、それは恋しくなるでしょう。もちろん他の作品でもやりがいは感じますが、それでもボンド映画に勝るものはありません。」

『007』シリーズといえば、壮大なロケーション、スペクタクルなガンアクションやカーチェイスが魅力のひとつで、それらはいずれも大規模な撮影を伴う。このプロセスは決して簡単なことではなく、成功に導くには、キャストはもちろんのこと、監督をはじめとする製作間の連携が上手くいかなければならない。クレイグは製作陣と一致団結して、その困難を幾度に渡り乗り越えてきたのだ。

またダニエル・クレイグは、ジェームズ・ボンド役について「やり尽くしました。出来る限りのことはしました」としながらも、「彼は私のためにこれまでと同じようにそばにいます。だから、どうでしょう。明確な答えはありません」と思いを語っている。クレイグによるボンド映画最終作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は全国公開中だ。

Source:The New York Times

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly