Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』米公開が5日前倒し、日米同時公開へ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の米公開予定が、2020年11月20日(金)に変更になった。Deadlineが伝えている。

11月25日(水)を予定していたので、5日早まった形となる。新型コロナ前は4月10日(金)にセットされていた。

移動となった20日には、先立ってディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』が構えている。アメリカでは11月の第4木曜日、つまり26日が祝日(サンクスギビング・デー)にあたるため、ここに弾みをつけたいスケジュールだ。

なお日本公開予定はもともと11月20日。米国より先行上映となると見られたが、これで日米同時公開として足並みが揃った。シリーズ本国のイギリスではこれよりも更に早く、11月12日(木)の予定。最速はフランスの11日(水)。

本作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、シリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)からジェームズ・ボンド役を演じてきたダニエル・クレイグにとって最後のボンド映画となる見込み。脚本・監督には『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015)、ドラマ「トゥルー・ディテクティブ」のキャリー・ジョージ・フクナガが起用された。

ジェームズ・ボンドは現役を退き、ジャマイカの地で穏やかな生活を満喫していた。ところが、CIA 出身の旧友フェリックス・ ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わりを迎える。 誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なものだったのだ。やがて、ボンドは脅威をもたらす最新技術を有する黒幕を追うことになる……。

本作にはジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグのほか、『007 スペクター』(2015)からマドレーヌ・スワン役のレア・セドゥ、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役のクリストフ・ヴァルツ、『007 慰めの報酬』(2008)からフェリックス・ライター役のジェフリー・ライトが復帰。M役のレイフ・ファインズ、Q役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスも続投する。新キャストとして、“シリーズ最凶の悪役”サフィン役のラミ・マレック、「00」エージェント・ノミ役のラシャーナ・リンチ、パロマ役のアナ・デ・アルマスらが登場する。

主題歌を担当するのは、第62回グラミー賞にて史上最年少18歳で主要4部門受賞、5冠の快挙を達成したビリー・アイリッシュ。『007』シリーズとしては史上最年少での起用となり、主題歌「No Time To Die」は大きな話題を呼んでいた。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年11月20日(金)全国ロードショー。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly