Menu
(0)

Search

DCのアホヒーロー『ブースターゴールド』映画化はDCEUとは無関係の単独作品となる事が明らかに

ドラマDCユニバースの纏め役として活躍するグレッグ・バーランティが、かねてより噂されていたブースターゴールドの映画化に関し、DCEUとは関わりのない単独作品と明言しました。

『タイバニ』の元ネタ?DC映像作品参戦間近『未来から来たバカ』ブースターゴールドに迫る!


ブースターゴールドといえばフットボールのスター選手であり、プロ入り間近ながらも放蕩していた父親に八百長試合を持ちかけられ、それを引き受けてしまったことで全てを失ったキャラクター。未来の25世紀の住人である彼は美術館のバイトをしていましたが、そこで展示されていたヒーローのスーツとガジェット、それに警備アンドロイドのスキーツを盗んで過去にやって来たのがオリジンになる駄目ヒーローです。
TV出演やキャラクターグッズを自ら売り込む守銭奴な行いにヒーロー仲間は眉をひそめるくらいの人物がどうやって真のヒーローになったかというのが重要な要素であり、そこには某ヒーローの存在が不可欠なことから、DCEUとなんら関わりのない作品になるというのは驚きです。

しかし、グレッグによればブースターゴールドの企画は長らく芽が出なかったところをDCのプレジデントにして最高のライターのジェフ・ジョーンズに映画化すべきとアドバイスを貰ったとのこと。ここで注目すべきはジェフ・ジョーンズとグレッグ・バーランティはいずれもドラマに深く関わっているということです。近年でも2011年から始まった新世界のヒーロー活劇ユニバースのNew52にてジェフ・ジョーンズはシスコ・ラモンことヴァイブを第一線に戻そうと構想を練っており、それがドラマの『The FLASH』に引き継がれ、シスコ・ラモンことヴァイブは愛されるキャラクターになりました。
そしてグレッグ・バーランティはドラマDCユニバースの顔役。どちらもドラマユニバースでも活躍しており、おまけにブースターゴールドの脚本家は『ARROW』も手がけたザック・ステンツが有力視されています。

以上のことから映画『ブースターゴールド』とはドラマ『ARROW』、『FLASH』、『レジェンズ・オブ・トゥモロー』の方と関わりのある物語になる可能性が非常に高くなります。そして映画からドラマの世界に入り、あの伝説の色モノとボンクラしかいないチーム、ジャスティスリーグ・インターナショナルを結成するのやもしれません。

http://dc.wikia.com/wiki/Justice_League_International_(New_Earth)
http://dc.wikia.com/wiki/Justice_League_International_(New_Earth)

ジャスティスリーグ・インターナショナルとその後継組織といえるスーパーバディズ。どちらもマックスウェル・ロードというキャラクターが発起人です。それらに所属したヒーローはバットマン、マーシャン・マンハンター、ロケットレッド、ドクターライト、グリーランタン(ガイ・ガードナー)、シャザム(当時はキャプテン・マーベルという名前)、マリー・マーベル、ブラックキャナリー、キャプテンアトム、アイス、ファイア、ブースターゴールド、ブルービートル、Mr.ミラクル、エロンゲイテッドマンが主になります。マーシャン・マンハンターとマックスウェル・ロードは『スーパーガール』に参戦しましたし、ブラックキャナリーは『ARROW』に出てきます。そしてファイアとエロンゲイテッドマンは『FLASH』にて粒子加速器の犠牲者の中に名前が出ました。ブースターゴールドの親友テッド・コードが経営する会社のコードインダストリーも度々名前が出ています。つまりドラマユニバースはジャスティスリーグ・インターナショナル結成の下地が十分にできているのです。

映画化されるにあたってブースターゴールドのどの部分に焦点を当てるかというのは重要な問題です。
おおまかに4つに分けると:

  1. アホの黄金時代ジャスティスリーグ・インターナショナル
  2. 帰ってきた黄金時代スーパーバディズ
  3. テッドが死んでどうしようもなくやさぐれていた『52』時代
  4. 真のヒーローの魂に目覚め、影で全並行世界と歴史を守る時代

になります。どれも大変に楽しく、古豪ライターなキース・ギフェンの筆も唸りに唸っています。これは選ぶのにも一苦労ですがやはりブースターゴールドのキャラクターに深みを与える面でもアホの全盛期である”ジャスティスリーグ・インターナショナル”から描くのが妥当でしょう。

どうなるかはわかりませんがブースターゴールドの大ファンの一人として精一杯応援したいところです。もしかしたら2010年代になって切れ味が衰えずも円熟期に入り、安定感が増してきたあのボンクラのやりとりを描かせたら世界トップ3に入る偉大なライター、キース・ギフェンも脚本家として映画に関わるかもしれません。素晴らしい世の中になったものです。

参考url:http://www.vulture.com/2016/09/booster-gold-movie-wont-be-in-dc-universe.html
http://www.vulture.com/2016/08/dc-comics-greg-berlanti-c-v-r.html

Writer

小村健人村上 幸

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン) salarmko@outlook.jpお仕事の依頼はこちらへ。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly