『タイバニ』の元ネタ?DC映像作品参戦間近『未来から来たバカ』ブースターゴールドに迫る!

日本の方で知っている人は少ないでしょうがDCEU(DC・エクステンドユニバース)にてまことしやかに囁かれている噂があります。それは知る人ぞ知る名ヒーロー、ブースターゴールドがDC実写作品に参戦するというもの。監督候補は『タイタンの逆襲』『ARROW』の脚本経験があり、『かぞくはじめました』『ブロークン・ハーツ・クラブ』の監督をしたグレッグ・バーランティが筆頭。脚本は『マイティ・ソー』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション 』の脚本を書いたザック・ステンツが有力視されています。グレッグ・バーランティもザック・ステンツも爽やかな物語を描くのに長けており、コメディの実力もあるため、ファンにとってはかなりの朗報と言えます。『マン・オブ・スティール』では彼と関わりの深いコミックレーベル”ブレイズ”が出ており、かなり早くからDCEUでのブースターゴールドの存在が信じられてきました。

ブースターゴールドとは

ブースターゴールド

http://dc.wikia.com/wiki/Michael_Jon_Carter_(New_Earth)

ブースターゴールドの本名(シークレットアイデンティティ)はマイケル・ジョン・カーター。産みの親はダン・ジャーゲンスで育ての親はキース・ギフェン、名コーチはジェフ・ジョーンズといった経歴というべきでしょうか。
彼のことを端的にいうなら”未来から来たバカ”。25世紀の未来で美術館の警備員をしていたブースターゴールドはある夜、展示されていたスーツ、ガジェット、警備アンドロイドのスキーツを盗み、現代にやって来ます。成功を夢見たブースターゴールドはスターやセレブ的なヒーローになろうと企みます。ヒーロースーツにはスポンサーのロゴを貼り付け、様々な自分のキャラクター商品を展開した彼は同じく企業ロゴを付けて戦った『タイガー&バニー』の先輩だったりします。

伝説のチーム、ジャスティスリーグ・インターナショナル

https://en.wikipedia.org/wiki/Justice_League_International

https://en.wikipedia.org/wiki/Justice_League_International

ブースターゴールドを知る上で外せないのはバットマンや『スーパーガール』に出演しているマーシャン・マンハンターもいたジャスティスリーグ・インターナショナルです。大富豪マックスウェル・ロードが創設したこのチームはスーパーマンがいたジャスティスリーグの後継組織とも言うべきもの。ここには『ウォッチメン』のナイトオウルやドクターマンハッタンのモデルだったブルービートルやキャプテンアトムもいました。ジャスティスリーグ・インターナショナルは毎日バカ騒ぎする面白おかしいコメディチーム。ここでブースターゴールドは億万長者のテッド・コードが扮するブルービートルと大親友になりブルー&ゴールドと呼ばれ、最も楽しい日々を過ごします。

https://modernmythologies.com/2014/10/01/diametrically-opposed-blue-beetle-ii-maxwell-lord/

https://modernmythologies.com/2014/10/01/diametrically-opposed-blue-beetle-ii-maxwell-lord/

余談ですがテッド・コードが経営する会社、コードインダストリーは『ARROW』、『ザ・フラッシュ』、ゲームの『アーカムシリーズ』にも出ているので興味があるなら探してみてもいいでしょう。

親友の死、ブースターゴールドに訪れた最大の転機

女性ヒーローとの浮名をでっち上げてマスコミに話したり、ヒーロー活動よりもテレビ活動に積極的になったり、30歳以上年上の老婆と財産目当てで結婚したりとダメヒーロー街道を突っ走るブースターゴールドでしたが、そんな彼の人生を壊す出来事が起こります。それは親友のブルービートルの死。殺したのはジャスティスリーグ・インターナショナルの設立者、マックスウェル・ロード。当時、ヒーロー不信、人間不信の極地にいたバットマンの暴走とブルー&ゴールドの日頃の不真面目さがたたった信用の失墜が重なり、ブルービートルは一人で巨大な陰謀の裏を探ります。首謀者がマックスウェル・ロードと突き止めたテッド・コードでしたが常人ヒーローだった彼は友人だったはずのマックスウェルに殺されます。全平行宇宙を巻き込んだ大災厄『INFINITE CRISIS』はバカヒーローの死で始まりました。

その後、しばらくの間、塞ぎこんでいたブースターゴールドはやさぐれて、マックスウェルに囚われていたかつての相棒、アンドロイドのスキーツと一緒に八百長ヒーロー活動に乗り出しました。ですがすぐにバレ、にっちもさっちもいかなくない状態に堕落。そんな時、謎の男、リップハンターが現れ、彼を新たに生まれる52のマルチバース崩壊の危機に立ち向かうよう要請します。
人知れず、52の宇宙を救ったブースターゴールドはジャスティスリーグへの加入を希望しますが、同時にリップハンターに自身の運命を知らされます。それは歴史犯罪者を取り締まり、時間の乱れを直すというもの。全宇宙を守りますが、誰にも知られてはいけない任務。悩んだ末に、ブースターゴールドはヒーローとしての成功を諦めて、影で全宇宙と歴史を守護するヒーローになることを選びます。

ここからブースターゴールドはようやく真のヒーローへの道を歩き出しました。親友ブルービートルが死ぬ歴史を改変しようと試み、歴史を変える不可能さを思い知るなどしつつも戦い続けるのです。

実写版『ブースターゴールド』共演ヒーロー予想!

ブルービートル

https://modernmythologies.com/2014/10/01/diametrically-opposed-blue-beetle-ii-maxwell-lord/

http://www.dccomics.com/characters/blue-beetle

ブースターゴールドのなくてはならない親友。テッド・コードと後継者のハイメ・レイエスがいますが、どちらも参戦の可能性は高いでしょう。テッド・コードは天才開発者のガジェット使い、ハイメ・レイエスは古代エジプトの秘宝、スカラベを背骨に宿して変身するヒーローです。

スキーツ

http://dc.wikia.com/wiki/Skeets_(New_Earth)

http://dc.wikia.com/wiki/Skeets_(New_Earth)

25世紀の警備アンドロイドのスキーツはブースターゴールドに誘拐同然で現代に連れてこられました。本来は感情のない人工知能のスキーツでしたがブースターゴールドとの触れ合いでユーモアのある人格に目覚め、テッド・コード死亡後のブースターゴールドを支える親友として活躍します。

リップハンター

https://jp.pinterest.com/pin/371335931757978972/

https://jp.pinterest.com/pin/371335931757978972/

ドラマ『LEGENDS OF TOMORROW』にも登場するタイムマシン、タイムスフィアに乗った歴史の守護者。謎めいた男でブースターゴールドにもあれこれ口うるさく命令します。その正体は未来のブースターゴールドの息子です。彼が登場する『レジェンズ・オブ・トゥモロー』は2016年10月にBD/DVDが発売されます。

バットマン

http://comicvine.gamespot.com/articles/batman-brave-the-bold-booster-gold-and-bane/1100-138386/

http://comicvine.gamespot.com/articles/batman-brave-the-bold-booster-gold-and-bane/1100-138386/

バットマンとブースターゴールドには不思議な縁があります。ジャスティスリーグ・インターナショナルで同じチームだったのですが堅物のバットマンと軟派なブースターゴールドは水と油。しかし、実はバットマンはジャスティスリーグ・インターナショナルで彼と会う前に、アラン・ムーア著の『キリングジョーク』という事件の裏でブースターゴールドを知っています。ブースターゴールドの親友ブルービートルは初代バットガールに片思いをしており、彼女がジョーカーに辱められるという歴史をブースターゴールドは必至に変えようとしました。残念な結果に終わりましたが、このことでバットマンは未来から来たブースターゴールドを知り、彼が歴史の影で戦うヒーローだと知ったのです。そんなバットマンはブースターゴールド唯一のファンとも言えます。共演の可能性大です。

Eyecatch Image:http://www.dccomics.com/characters/booster-gold

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。