Menu
(0)

Search

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』は「暴動の映画」「アドレナリン注射」 ─ 海外レビューで興奮続出、デッドプールやタランティーノとの比較も登場

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
©2019 WBEI and ©&TM DC Comics

2020年1月29日(現地時間)、マーゴット・ロビー主演のDC映画最新作ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREYがロンドン・プレミアを迎えた。『スーサイド・スクワッド』(2016)に登場したハーレイ・クインを主人公とする新たな物語となる本作を、世界に先がけて目撃したジャーナリストや批評家たちからは興奮の声が相次いでいる。ワーナー・ブラザース/DCコミックスは、『ジョーカー』(2019)に続き、ふたたび新たな挑戦を成し遂げたようだ。

本作にはハーレイのほか、超高音波の歌声をもつ歌姫ブラックキャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)、ゴッサム市警のはぐれ者刑事レニー・モントーヤ(ロージー・ペレス)、マフィア一家に生まれた殺し屋ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、プロ級のスリであるカサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコ)からなる「バーズ・オブ・プレイ」が登場。対するのは悪の世界を牛耳るローマン・シオニス/ブラックマスク(ユアン・マクレガー)と右腕のビクター・ザーズ(クリス・メッシーナ)。ポップでスタイリッシュ、クレイジーな世界観のもと、『ジョン・ウィック』監督も参加したハードなアクションが幕を開ける。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』興奮相次ぐ

「ハーレイ・クインの映画」

エリック・デイヴィス(Fandango)

「『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』には、すさまじいアクションとユーモア、DC映画史上もっとも忘れられないキャラクターたちが登場します。それでも一番のハイライトはマーゴット・ロビー。彼女のハーレイはとんでもなく素晴らしく、時に私たちの一番大切な関係とは、そこにおいしい食べ物があることなのだとも証明しています。」

スコット・メンゼル(We Love Entertainment)

「キャシー・ヤンは、めちゃ強い女性たちの、音楽たっぷりのパーティーを作り出しました。DCは大きなリスクを選び、限界を超え続けています。これぞ完璧なハーレイ・クイン・ムービー。マーゴット・ロビーはやり切った。登場する女性たち全員が大好きだったし、続編/スピンオフを楽しみにしています。」

 

ブランドン・デイヴィス(ComicBook.com)

「とっても楽しくて、すごく暴力的。バーズ・オブ・プレイのメンバーはすごく楽しく、それぞれがはっきりと描き分けられています。ユアン・マクレガーは非常に邪悪で、時に愉快。この映画から教わったことがあるとすれば、もっとブラック・キャナリーとハントレスが必要だということ! 二人は素晴らしかったし、まだやれることはたくさんあるから!」

エリック・アイゼンバーグ(Cinema Blend)

「バーズ・オブ・プレイの映画というよりも、むしろバーズ・オブ・プレイが出てくるハーレイ・クインの映画。それがストーリーの面やキャラクターの肉付けの面で問題を生んではいるけれど、それでも、とにかくメチャクチャ楽しい。ハーレイのビジョンは最高だし、マーゴット・ロビーは完全に楽しんでいる。」

デッドプール、タランティーノ、ジョン・ウィック……

グリフィン・シラー(The Playlist)

「楽しい!のひとこと。大騒ぎの、非常に洗練されたハーレイ・クインのコミックに命が吹き込まれた(彼女の映画です)。“DC版『デッドプール』にタランティーノを添えて”という作品です。マクレガーのブラックマスクをもっと観たい。ヒステリックで、エキセントリックで、きちんと哀しい。ほんとに最高、良い時間だった!」

スコット・メンデルソーン(Forbes)

「(ユニバースの)大きな文脈には無頓着で、楽しくも気取らない映画です。メチャクチャでイカれたクライム・コメディであり、まぎれもなくパーティー・ムービー。全員がすごく楽しんでいるけれど、メアリー・エリザベス・ウィンステッド演じるハントレスは『The Tick』(2016-2019)に出てくる脇役のよう。スゴい。」

「『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』を観た人から聞いたことをふたつ。“コミック映画というよりも、むしろクエンティン・タランティーノ”“コメディとアクション、ゴア描写のノンストップ・ミックス”。」

アリーシャ・グラウソ(Atom Tickets)

『ジョン・ウィック』にクレイジーなお化け屋敷のフィルターをかけて、キラキラやFワードを詰め込むとこうなる。ハーレイ・クインや、カッコいい女友達のチームに観たかったものがすべてあります。完全に夢中です。」

「暴動の映画」「アドレナリン注射」

ローラ・プルダム(IGN)

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』は暴動の映画。思考がにじみ出ており、スーパーヒーロー映画史上もっとも独創的で痺れるファイトシーンもある。あまり期待せずに出かけたところ、あまりに楽しかったので、心地よく驚かされました。(ジャンルを)一から作り直さず、余裕のある洗練ぶりの作品です。」

ジル・パントッツィ(io9)

「ブッ飛んでて最高のスーパーヒーロー映画。ファイト・シーンには驚かされるし、ヴィランたちも素晴らしい。バーズ・オブ・プレイを映画に登場させるのに、これほど長い時間をかけるべきではなかった。でも、ものすごく楽しかったですよ。」

コートニー・ハワード(映画評論家)

とっても楽しく、まぎれもなく愉快で、エネルギッシュなアドレナリン注射。楽しい極悪、夢中の邪悪、不謹慎なルール違反の暴動が高みに到達しています。キャシー・ヤンは天才。ロビー、スモレット、ウィンステッド、ペレス、バスコは完璧。」

アリソン・フォアマン(Mashable)

ソリッドな別れの映画に、ヤバいサウンドトラック。(ハーレイの)仲間たちが『スーサイド・スクワッド』(2016)よりも良いのは、女性スーパーヴィランの豊かな内面を、見事に垣間見せてくれるところが大きいでしょう(予告編で約束されたものもきちんと見られます)。」

マイク・ルージョー(GameSpot)

「大好きな現代のDC映画が出てきたことを報告できて幸せです。『シャザム!』のように、きちんとユニークな美学とアクション、トーンをもって自分の道を切り開いています。マーゴット、ユアン、そのほか全員が100%すばらしい。どうしてローラースケートのアクションシーンをもっと用意しなかったのか??」

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly