Menu
(0)

Search

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ムビチケ発売決定 ─ 特典は特製スマホステッカー

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
©2019 WBEI and ©&TM DC Comics

話題作『ジョーカー』(2019)に続くDCコミックス原作映画、ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREYが2020年3月20日(金)に公開される。これに先がけて、ハーレイ・クインの特製スマホステッカー付きムビチケが1月24日(金)より全国の上映劇場で発売されることが決定した(一部劇場を除く)。

『スーサイド・スクワッド』(2016)に続いてハーレイ・クインを演じるのは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)も記憶に新しいマーゴット・ロビー。新作『スキャンダル』(2020年2月21日公開)では第77回ゴールデングローブ賞&第92回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたハリウッド屈指の女優が、セクシーでクレイジーな当たり役に再び挑み、ジョーカーとの破局を経たハーレイとして“覚醒”を目指す。

ムビチケの特典として付属するのは、マーゴット演じるハーレイ・クインのキュートかつセクシーな姿をデザインした特製スマホステッカー。破壊されたパトカーのボンネットに寝ころんだハーレイの左手には、大好物の“この世で一番完璧な”エッグサンドが確認できる。どうやら本作のキーになっているようで、劇中の小道具でも最も製作が難しかったとのこと。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BIRDS OF PREY and all related characters and indicia c&TM DC Comics.

マーゴットが「このキャラクターと世界が大好きなんです。自分勝手な理由ではあるけれど、このキャラクターをより掘り下げたいと思いました」と述べているように、本作でマーゴットはプロデューサーを兼任。『スーサイド・スクワッド』とは一味も二味も違う、女性の仲間たちとチームを組んだハーレイ・クインの新たな魅力を自ら体現する。監督はDC初のアジア系女性監督であり、元新聞記者という異色の経歴を持つキャシー・ヤン。脚本は『バンブルビー』(2018)のクリスティーナ・ホドソンが執筆した。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日(金)全国ロードショー

こちらも必読

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly