Menu
(0)

Search

【レビュー】『ボーダーランズ3』シリーズ初体験だけどプレイしてみた ─ サイバーパンクな世界をクレイジーな銃で撃ちまくれ

『ボーダーランズ3』レビュー
©2019 Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

2019年9月13日より発売となるゲーム『ボーダーランズ3』は、まさに全世界が渇望した最新作だ。

“ボダラン”の名で愛される『ボーダーランズ』は、クールかつクレイジーなアートデザインによる唯一無二の世界観が絶賛され、数々の輝かしい賞を獲得した傑作シューティングRPGシリーズの金字塔。累計売上は4,300万本突破。2012年発売の前作『ボーダーランズ2』は、発売から6年以上が経過した現在でも月間アクティブユーザーが100万人を超えるというクレイジーご長寿大人気シューティングRPGエンタテインメントなのである。

『ボーダーランズ3』レビュー
©2019 Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

最新作『ボーダーランズ3』の先行プレイが出来ると聞き、シリーズ初体験となるTHE RIVERもいち早くコントローラーを握る機会に恵まれた。過去作は全くプレイしたことがなかったけれど、果たして楽しめるだろうか?

はじめての『ボーダーランズ』、いきなり3で大丈夫?

ともかく筆者が『ボダラン』未体験だから、この記事ではそんな目線からゲームをご紹介させていただこう。『ボーダーランズ』は基本的にはFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)だが、最大の特徴はそのクレイジーな世界観だ。ひとたびゲーム世界に飛び込むと、そこに広がっているのはサイバーパンクでネオな光景。荒廃したような世紀末的な雰囲気もあって、さながら『ブレードランナー』×『マッドマックス』といった具合だ。なんとなく『マイティ・ソー バトルロイヤル』の惑星サカールっぽい雰囲気もある。従来のレンダリングに手書きテクスチャを組み合わせた、3DCGとアニメのハイブリッドのようなビジュアルも斬新だ。

『ボーダーランズ3』レビュー
©2019 Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

ゲームは、ヴォルト(トレジャー)・ハンターと呼ばれる4人のキャラクターから好きな1人を選んでスタート。モズ、アマーラ、FL4K(フラック)、ゼインという4人が存在、それぞれに固有のアクション・スキルが備わっているらしい。どれを選べば良いか迷っていると、オススメされたのがゼインというダンディなおじさんキャラ。バランスに優れている上、自分の分身を創る「デジクローン」というアクション・スキルが「カッコいいから」ということだ。ちなみに日本語キャラクターボイスは、ベネディクト・カンバーバッチ担当声優としても知られる三上哲さんである。

銃は100億万種類!ガンガン撃ちまくれ

『ボーダーランズ』の魅力はまだまだあるようで、そのひとつが多彩すぎる武器だという。何でも、劇中に登場する銃は組み合わせ次第で100億万種類以上とのこと。100億万っていうのが語彙としてすごい。小学生が考えた数字みたいだし、ハリウッドザコシショウが「わたくしモノマネ2兆個ありますからね」とか言ってるレベルの数字だ。100億万て。

今作で武器のメーカーは8社から10社に増えたということだが、これはゲームの中に登場する架空の武器製造企業が増えたという意味らしい。たとえば『スター・ウォーズ』では、Xウイングを製造するインコム社、タイ・ファイターを製造するサイナー・フリート・システムズ社といった具合で、劇中世界に存在する企業の数々が物語にリアリティを与えていた。『ボーダーランズ3』もそんな感じで、10社のメーカーごとに武器の特色があるということだ。きっとプレイするうち、好みのメーカーが見つかったりするのだろう。楽しそうだ。

なお、普通にプレイしていると個性的な武器が続々と手に入るので、「同じ武器を2日以上使うことはないのでは」と担当者。プレイする度に新たな武器との出会いがありそうだから、いくら遊んでも飽きなさそう。ちなみに筆者が1時間ほどプレイしてお世話になったのは、足が付いて自走する銃だ。何を言っているか分からないと思うが、リロードする度に銃に足が生えて、勝手に敵の方向に突撃してバンバン攻撃してくれるというクレイジーなヤツ。『ボーダーランズ3』ならではの設定だろう。銃のデザインも様々で、設定としては基本的に実弾ではなくレーザー弾やエネルギー弾といった描写。銃にもLED的なライトがカラフルにあしらわれていてカッコいい。

ゲーム操作は一般的なFPSと同じなので、何か少しでもFPSをプレイしたことがあれば迷わず直感的に体得することができる。『ボーダーランズ』シリーズ初プレイということもあって、とにかく個性的な銃の特性が楽しくて仕方ない。『メン・イン・ブラック:インターナショナル』で、よくわからない武器を砂漠でぶっ放してみるエージェントHとエージェントMの驚きと興奮がプレイ中ずっと続く感じだ。敵を倒すと新しい武器が次々と手に入るので、軽い気持ちで色々と持ち替えてみよう。




キャラクターのスキルも超楽しい

銃も楽しいが、キャラクターのアクション・スキルも楽しい。今回選んだゼインは「デジクローン」というスキルがあるということだが、確かにこれはカッコいい。好きな場所で発動させれば、ホログラム体のクローンが現れてバンバン射撃してくれる。クローンの立ち位置は固定されていて、動くことはないみたいだ。敵の集団と全面対決する時は、物陰に置いて援護射撃させたり、敵正面にドンと置いておいて、コイツが頑張ってくれている間に後ろに回り込んで挟み撃ちにして駆除するという頭脳プレーも可能だ。クローンと自分の位置を入れ替えることも可能だから、うっかり自分の方に砲撃が集中し始めたらクローンと入れ替わって逃げたり反撃することもできる。ゼインは他にも、ドローンを飛ばしてミニガンで攻撃させる「SNTNL」があったりと、とにかく攻撃網を厚くして戦況を有利に進められるキャラクターのようだ。



初めてでも爽快感バツグン

『ボーダーランズ』初体験だったが、ほんの1時間ほどプレイしただけでそのビビッドでエッジーな世界観にのめり込んでしまった。ゲームを進めるにつれて、より派手で強力な銃も手に入るようになったし、爽快感抜群の多彩なビークルも登場する。RPG的成長要素もあるようで、キャラクターごとに異なるスキルツリーを進めて成長させられるらしい。ストーリー面においては、前作から引き続き登場するファンお馴染みの要素がありながら、前作の知識必須というわけではないので、筆者のようにいきなり『3』から始めても全く問題なし。

『ボーダーランズ3』レビュー
©2019 Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

『ボーダーランズ』シリーズのファンにとって注目となる主な情報も書き留めておこう。今回はシリーズでは初めてパンドラを飛び出して、銀河を股にかける大冒険が繰り広げられる。ヴィランとなるのはトロイ&タイリーンという双子で、悪役が2人というのはシリーズ初のこと。ハンサムジャックを超える魅力的なヴィランだという。案内役はこれまで通りクラップトラップ。ファン待望のアップデートとして、ダッシュ中のスライドが可能になった。また、ボス戦の数もこれまで以上ということだ。

また、『ボーダーランズ3』はオンラインの協力プレイ制度が画期的だ。通常、この類のオンラインプレイでは、熟練者やレベルの高いプレイヤーがゲームを独占してしまい、新規プレイヤーが参入しづらいもの。『ボーダーランズ3』はこの点をフェアにするために自動レベル調整が行われるそうだ。それぞれのプレイヤーのレベルに合わせて与えるダメージ値も自動変換、戦利品や報酬もレベルに合わせて平等に分配されるとのこと。従来のプレイスタイルの方が好みな場合は、この新機能をオフにすることも出来る。

『ボーダーランズ3』は、2019年9月13日(金)リリース。パッケージ版はPlayStation®4のみ、
デジタル版はXbox One、PlayStation 4、Windows PC( Epic Gamesストア)で登場する。撃って、撃って、自分史上、最高に暴れまくれ!

ゲーム『ボーダーランズ3』公式サイト:https://2kgames.jp/borderlands3_jp/

©2019 Take-Two Interactive Software, Inc. and its subsidiaries. Take-Two Interactive Software and their respective logos are all trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All other marks and trademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly