Menu
(0)

Search

Netflix映画降板のジョン・ボイエガ、製作側とトラブルの噂が浮上 ─ 公式声明は「家庭の事情のため」

ジョン・ボイエガ John Boyega

2021年6月、Netflixの新作映画『Rebel Ridge(原題)』を降板したジョン・ボイエガに、製作側とのトラブルがあったという報道がにわかに話題を呼んでいる。米The Hollywood Reporterが報じた。

『Rebel Ridge』はアメリカにはびこる構造的な不正を描くスリラーで、監督は『グリーンルーム』(2015)のジェレミー・ソルニエが務める。撮影は2021年5月に始まっていたが、ボイエガは6月上旬にプロジェクトを離脱。当時、Netflix側は「(ボイエガの)家庭の事情のため」と発表した。しかし今回、複数の関係者は、ボイエガの降板には異なる理由があったと証言している。

報道によると、ボイエガは作品の脚本から自分自身の待遇まで、あらゆる不満を抱えていたとのこと。撮影中、ボイエガが降板する決め手となるような出来事はまったくなかったというが、「ボイエガは撮影中の現場をただ去っていった」という。製作チームがホテルにボイエガを探しに行ったところ、すでにチェックアウトしていることがわかった、と伝えられているのだ。

主演俳優が撮影中の映画を自分の意志で降板することは極めて珍しいが、それは降板の場合、保険の問題が発生することが多いため。Netflixのオリジナル映画を統括するスコット・スタバー氏、共同CEOのテッド・サランドス氏もボイエガを説得したが、結局は実らなかったという(ただし米IndieWireは、サランドスは関与していなかったとの情報も入手している)。

しかしながら、ボイエガのエージェントであるフェミ・オーガンス氏は、「一連の噂はまったくもって事実でないと断言できる」として、これらの報道を完全否定した。ボイエガ自身しか関与していない家族の問題が理由であることに違いはなく、ボイエガとNetflixは今後も関係性を継続する、と記したのである。事実、降板の発表時には、Netflix側も「ジョン・ボイエガ率いる(製作会社)UpperRoom Productionsとのパートナーシップ継続に期待します」とコメント。なお監督のジェレミー・ソルニエ側からは、現在に至るまで一切の声明文が出されていない。

ボイエガの降板を受け、『Rebel Ridge』の撮影は中断を余儀なくされ、多くのスタッフが現場から解放されたとのこと。Netflixは新たな主演俳優の検討を進めているが、撮影の再開は2022年初旬となる計画だ。Netflixは本件についてボイエガへの訴訟に踏み切ることはないとみられるが、業界の関係者は、「今後(ボイエガが)なんらかの責任を負う可能性はある」と証言した。

Sources: The Hollywood Reporter, IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly