Menu
(0)

Search

マーベル「ロキ」第4話で新展開、トム・ヒドルストン「気を引き締めて」と呼びかけ

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマ「ロキ」が後半戦を迎えるにあたって、主演を務めるトム・ヒドルストンが、ファンの期待を高める発言を繰り出した。

2021年6月9日に初回配信を迎えた「ロキ」は、初日の米国視聴世帯数が「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を大きく上回り、全ディズニープラスオリジナル作品における配信初日の視聴数でも最多を記録するなど、大きな盛り上がりが見られている。全6話の配信も半分が終了し、大団円に向けた展開が期待されるところだろう。

こうした中、ロキを演じるヒドルストンが「このシリーズは、第4話で新しい方向に向かうことになります」と予告している。この発言は、英ラジオ番組に出演したヒドルストンが「ファンに特に見てもらいたいエピソードは?」と聞かれて返答したもの。ヒドルストンは以下のように続けている。

「(ロキの)旅は第5話で結実のようなものを迎えることになるでしょう。なので第4話と第5話は、気を引き締めてください。どこかに向かいますので。“こうなるとは思わなかった”と思ってもらえれば嬉しいです。」

神聖時系列を管理する組織TVAに協力を仰がれたロキは、前3話を通して各地を転々としてきた。第4話でも“どこかに向かう”と予告したヒドルストンだが、その地に完結に向けた鍵が眠っているということだろうか。

また、気になるのは“第5話で結実のようなものを迎える”という発言。全6話構成の本シリーズで第5話がミステリーの終着点になるのだとすれば、最終話が今後のMCU作品への橋渡し的な役割を果たす可能性も考えられる。

Source: Ali Plumb Instagram

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly