Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」シーズン3に「スーパーナチュラル」ディーン役俳優が出演 ─ セブンに次ぐ強さ誇るヒーローチームのリーダー

Jensen Ackles ジェンセン・アクレス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35444343473 | Remixed by THE RIVER

Amazon Originalの人気シリーズザ・ボーイズ」のシーズン3に、「スーパーナチュラル」(2005-)ディーン・ウィンチェスター役などで知られるジェンセン・アクレスが出演することがわかった。アクレスが演じるのは、“オリジナル・スーパーヒーロー”と称されるソルジャーボーイ。米Amazonが発表している。

ドラマ「ザ・ボーイズ」は、スーパーヒーローの皮を被った外道集団“セブン”と、彼らを巧みに操って巨大ビジネスを手掛ける“ヴォート社”、その闇を暴こうと果敢に挑むアウトロー集団“ザ・ボーイズ”の熾烈な攻防を描く。

アクレスが演じることになるソルジャーボーイは、原作コミックでは“セブン”の次に強いスーパーヒーロー・チーム“ペイバック”のリーダーという設定。第二次世界大戦に従軍したソルジャーボーイは、数十年にも渡ってアメリカのポップカルチャーの中心にいるほどの人気を獲得したスーパーヒーローだ。

シーズン2から“セブン”の新メンバーとして登場するストームフロント(アヤ・キャッシュ)も“ペイバック”のメンバーである。“ペイバック”の各メンバーは“セブン”への加入を希望していたが、却下されるという経緯をコミックでは持っており、シーズン2で“セブン”として登場するストームフロント、そしてシーズン3から登場のソルジャーボーイがどのような立場で活躍するのか、期待したいところだ。

この度の発表に際して、アクレスは自身のInstagramで出演決定を発表。長年演じてきた「スーパーナチュラル」が2020年にシーズン15をもって終了することになる、いわゆる節目にいるアクレスは、投稿で「『スーパーナチュラル』が今年で終わってしまうので、何をしようかって思ってた矢先に連絡が来たんです」と綴った。動画内では、思考を巡らせたアクレスの元に「ザ・ボーイズ」のコミックがやってきて、ページをめくったアクレスが(恐らくソルジャーボーイに)目を留める、というウィットに富んだ方法で歓びを表現している。

View this post on Instagram

I keep wondering what I’ll do….when @cw_supernatural finally ends this year. Then it hit me. *volume ⬆️

A post shared by Jensen Ackles (@jensenackles) on

本シリーズのショーランナーを務めるエリック・クリプキは、「スーパーナチュラル」で脚本・製作として参加しており、アクレスとは長年の付き合い。そんなクリプキは、「僕は子どもの頃から、ジェンセン・アクレスに有意義な配役をオファーしたかった」と語り、念願が叶った様子だ。

「夢が叶って嬉しいです。アクレスは優秀な俳優なのはもちろん、温かいチョコチップクッキーの香りがするような素晴らしい人柄で、私は兄弟のように感じています。彼は、一番最初のスーパーヒーロー、ソルジャーボーイというキャラクターに、ユーモアと哀愁、そして脅威をもたらしてくれます。アクレスと一緒に撮影ができることが非常に楽しみで、『ザ・ボーイズ』に少し“スーパーナチュラル”な影響をもたらしてくれるでしょうね(笑)」

シーズン1レギュラーメンバーほか、シーズン2には、ストームフロント役アヤ・キャッシュやランプライター役ショーン・アシュモア、クラウディア・ドゥーミット、ゴラン・ヴィスニイツ、マルコム・バレット、コルビー ・ミニフィー、シャンテル・ヴァンサンテン、キャメロン・クロヴェッティ、PJバーン、ライラ・ロビンスといった新キャストが登場。さらに、ジャンカルロ・エスポジトがヴォート社のボス、スタン・エドガーとして再登場する。

「ザ・ボーイズ」 シーズン2は全8エピソード。2020年9月4日(金) 第1話~第3話、第4話以降は10月9日まで毎週金曜日に配信。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly