Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ブラックパンサー』製作者、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督に「お願い」していた ― 残念ながら叶わず

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『ブラックパンサー』(2018)は米国ほか世界で大きな注目と評価を集め、ヒーロー映画史上空前の大ヒットを記録した。
その主人公ティ・チャラ/ブラックパンサーは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で早くも再登場となったわけだが、その展開について、『ブラックパンサー』のプロデューサーはアンソニー&ジョー・ルッソ監督に「あるお願い」をしていたという。ただし、残念ながらその望みは叶えられなかったわけだが……。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL
ブラックパンサー
『ブラックパンサー』より ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

ブラックパンサーの消滅、「考え直して……」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のクライマックス、6つのインフィニティ・ストーンを集めたサノスが指を鳴らすと、ヒーローたちは次々にその姿を消していく。ヴィジョンを守るためワカンダの最前線で戦っていたティ・チャラも、オコエに手を差し出しながら消えてしまうのだ。

HUFFPOST誌の取材によれば、『ブラックパンサー』のプロデューサーであるネイト・ムーア氏は、「ブラックパンサーが消滅する」という結末を『ブラックパンサー』の製作中から知っていたという。そこでムーア氏は、決断を思いとどまるよう、ルッソ監督に頼み込んでいたそうだ。

「彼ら(ルッソ監督)が話していたことはよく知っていましたから、考え直してほしいと個人的に頼みました。でもストーリーテリングに筋は通っていましたし、あの作品でワカンダをさらに見せられたのはすごく良かった。[中略](製作では)あらゆるアイデアについての賛否を話し合います。彼ら(ルッソ監督)には、なぜそうした展開になるのかというきちんとした根拠がありましたよ。
(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は)すごく興味深い結末になりましたし、『ブラックパンサー』が非常に好意的に受け入れられたために、より複雑なエンディングになったと思います。個人的にはつらいですが、その論理はわかっているんです。」

ちなみにムーア氏は「どうやって解決するのかを知りたいですね」と語っており、来たる『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の展開を知らされていないことを示唆している。まさか、ケヴィン・ファイギ社長の右腕ですら今後の展開を聞かされていないのか……?

脚本家チーム、冷酷すぎる決断

アンソニー・ルッソ監督は、同じくHUFFPOSTの取材にて、ブラックパンサーを消滅させた理由についてわずかに語っている。
ブラックパンサーやワカンダの存在は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』において重要なポジションを占め、また映画『ブラックパンサー』の大ヒットによって、それらは今やマーベル・シネマティック・ユニバース全体にとっても非常に重要なものとなっている。しかしアンソニー監督は「それでも(消滅させるという)決断は有効」と判断したそうだ。

かたや米Colliderのインタビューにて、脚本家のスティーブン・マクフィーリーは、また異なる切り口からヒーローの消滅に関する新事実を明かした。脚本の初期段階では、これほど多くのヒーローを消滅させる予定ではなかったというのである。

「初期の脚本は、何人かのキャラクターを次回作(『アベンジャーズ4』)にも登場させるものでした。でも彼らには(次回作で)描けるストーリーが十分にないことがわかったので…それで消滅させたんです。」

もっともマクフィーリーは、どのキャラクターの運命を変更したかを語っていない。ブラックパンサーが生き延びる可能性があったのか、それとも初期の脚本でも消滅していたかは定かでないのだ。実に冷酷な決断だが、逆に言えば、そのように消滅させても問題ないような解決策が用意されているということか?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定だ。なお『ブラックパンサー』MovieNEXは2018年7月4日に発売される。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: HUFFPOST, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly