Menu
(0)

Search

マーベル、『ブラックパンサー』アカデミー作品賞狙いに本腰 ― オスカー対策専門家を雇用

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

米マーベル・スタジオは、映画『ブラックパンサー』(2018)でアカデミー作品賞受賞を狙う方針に本腰を入れ始めた。2018年、米国で社会現象ともいうべきスマッシュヒットを記録し、世界各国で話題となった本作は、かねてよりオスカー有力候補との呼び声が高い一本だ。

しかし2018年8月上旬、米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、優れた成果を示した人気映画(popular film)を対象とする新部門の設立を発表。突然の設立決定に、『ブラックパンサー』のオスカー獲得を期待する一部ファンの間では「『ブラックパンサー』に作品賞を与えないための部門ではないか」との声も聞かれたのである。

そんな中、マーベル・スタジオとウォルト・ディズニー・カンパニーは、『ブラックパンサー』を作品賞に導くための戦略に着手している。オスカー獲得の戦略専門家であるシンシア・スワーツ氏を雇用、オスカー獲得に向けたキャンペーンの指揮を一任するという。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『ブラックパンサー』の脚本・監督を務めたライアン・クーグラー監督のビジョンや信念、製作へのたゆまぬ努力が報われることへの期待を語っている。

「数年前、ライアンは私たちの前に座って、“これまで、僕は自分の過去や自分が受け継いだものと向き合ってきました。この映画の中でその物語を語りたいんです”と言いました。彼は大きなインパクトをもって、実に見事にやってのけた。それが認められる可能性があるのは、私が一番楽しみにしていることなんですよ。」

これまでアカデミー賞において、ヒーロー映画は主要部門から除外される傾向にあった。クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』(2008)の高評価は、翌年から作品賞のノミネート作品数を増やすことに繋がったとされるが、その後、作品賞にヒーロー映画がノミネートされることはなかったのである。社会現象となった『ブラックパンサー』はかつてないチャンスといえそうだが、どんな結果に結びつくかはまだわからない。

なお、早くも賛否の分かれている「人気作品部門」の詳細は2018年8月26日現在不明。しかし米Los Angeles Timesの取材に対して、あるオスカー関係者はこう語っている。

「もし『ブラックパンサー』が作品賞から外れて人気作品部門に落ち着いたら、(アカデミー幹部の)ドーン・ハドソンは雲隠れすると思いますよ。おかしな話ですけど、マーベルの誰よりもガッカリするでしょうね。」

Source: Los Angeles Times
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly