止まらぬ『ブラックパンサー』、ついに『タイタニック』記録超えた ─ 全米映画史上3位の栄光へ

ワカンダの黒豹が、タイタニック号を沈めた。

マーベル映画『ブラックパンサー』全米興行収入が6億6,100万ドルに到達し、6億5,936万ドルの『タイタニック』(1997)記録を超えたことがわかった。これをもって、全米では史上3位の記録となる。

ジェームズ・キャメロン監督作、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『タイタニック』は、そのテーマと共に「決して沈まぬ巨船」のごとく米国歴代1位の記録を誇り続けてきたが、その記録は同じくキャメロン監督による『アバター』(2009)の7億6,050万ドルによって塗り替えられた。更に2015年には、J・J・エイブラムス監督の『スター・ウォーズフォースの覚醒』が9億3,666万ドルでトップに覚醒している。

『ブラックパンサー』は、マーベル・シネマティック・ユニバース史上初の黒人ヒーロー映画で、監督のライアン・クーグラー、主演のチャドウィック・ボーズマンを筆頭に黒人中心の製作陣によって作り上げられた。全米では2月16日に封切られて以来凄まじい実力を見せており、週末記録は6週連続で1位を守り続けた。(7週目でようやく2位に、8週目で3位に推移。)全世界興行収入は12億9,000万ドルを突破している(2018年4月6日付時点)。歴史的な記録更新の連続に、もはや「ワカンダ・フォーエバー」と言う他ない。

Source:io9,Box Office

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。