Menu
(0)

Search

「ブレイキング・バッド」映画化企画が進行中、2018年11月よりニューメキシコ州で撮影へ ― 米報道

ブレイキング・バッド
© AMC 写真:ゼータ イメージ

世界中で絶大なる支持を集め、数多の賞に輝いた人気ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」(2008-2013)の映画化企画が進行しているようだ。同シリーズの主な撮影地となった、米国ニューメキシコ州アルバカーキの地方紙Albuquerque Journalが第一報を伝え、米DeadlineVarietyといった大手メディアが報じている。

「ブレイキング・バッド」は主人公の化学教師ウォルター・ホワイトが、自身の肺がんをきっかけに覚せい剤の密造に手を出し、やがて運命を大きく狂わせていくストーリー。主演のブライアン・クランストンは本作で世界に名を知らしめることとなり、シリーズの完結後もスピンオフ作品「ベター・コール・ソウル」(2015-)が製作されている。

「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」製作者が参加

各メディアの報道によると、映画版『ブレイキング・バッド』には、「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」の脚本・監督・製作総指揮などを務めたヴィンス・ギリガンが携わっているとのこと。両シリーズの製作をヴィンスとともに担当したマーク・ジョンソン&メリッサ・バーンスタインも参加するようだ。

Albuquerque Journalの第一報によれば、映画版『ブレイキング・バッド』とされている作品の仮タイトルは『Greenbrier』。2018年11月中旬から2019年2月にかけてアルバカーキにて撮影が実施され、誘拐された男性の逃走劇、自由への冒険を描くストーリーになるという。

なおこの報道時点で、本作の物語が「ブレイキング・バッド」や「ベター・コール・ソウル」とどのように繋がるのかは明かされておらず、ブライアン演じるウォルターやアーロン・ポール演じるジェシー・ピンクマンなどのメンバーが登場するかどうかも不明だ。ただしDeadlineによると、今後、ブライアンやアーロンら俳優陣との間で出演契約が結ばれる可能性はあるという。

人気ドラマの新展開といえば、現在の海外ドラマを代表する「ウォーキング・デッド」(2010-)の新作テレビ映画3部作が製作されることが報じられて大きな話題となったばかり。映画版『ウォーキング・デッド』(タイトル未定)はドラマの世界観をさらに拡大するものとなるが、映画版『ブレイキング・バッド』はどのような位置づけとなるのか……。

映画版『ブレイキング・バッド(仮題:Greenbrier)』の発表時期は不明。2018年11月7日現在、本作が劇場公開されるのか、テレビ放送や配信での発表となるのかもわかっていない

Source: Deadline, VarietyAlbuquerque Journal

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly